fc2ブログ
2032/02/22.Sun

はじめに

 このブログをご訪問くださいまして、ありがとうございます。

 このブログは、サブタイトル通り、若年性アルツハイマー型認知症の父親を持つ男性をモデル・情報源にしたノンフィクション小説、記録小説です。

 諸事情により、本編の記事はUPした日の数か月前のことが書かれており、また、なかなか進まず、途中で終わってしまったり、このブログを読んでくださる方にお断りせず修正・削除したりといったこともありえますが、あらかじめご了承ください。

 人気ブログランキングとFC2ブログランキングに参加していますので、記事の下にある「人気ブログランキング」と「FC2 Blog Ranking」のボタン(バナー、リンクタグ、どちらか一方だけでもけっこうです)をクリックして応援していただけたら、うれしいです(※)

※現在、FC2ブログランキングから日本ブログ村ランキング(若年性認知症)へ移行中で、下の方が「人気ブログランキング」と「若年性認知症」のボタンになっている記事もありますが、同様にクリックしていただけたら、と思います

 「拍手」ボタン(バナー、リンクタグ)についても同様にお願いしたく、また、「拍手」ボタンをクリックしていただいた後に現れる(画面の広告の下にある)コメント欄に応援メッセージなどいただければ、とも思っております。

 そのようなわけで、本ブログの記事は以下から始まります。
 ぜひご覧ください。 ↓ ↓ ↓

 なお、過去(から)記事をご覧になられる場合は、目次をご利用下さい。

 すぐ上の文の「」内の目次をクリックしていただくか、左欄のカテゴリ-目次からご覧ください。


  
はじめに
2024/03/31.Sun

雨が降る日は…

 以前の記事「ふるさと納税の落とし穴?」の続編です。

 ふるさと納税の返礼品としてインターネットのふるさと納税サイトで紹介されている、ある名産品の野菜について、新しくわかったことがあります。

 まず一つ目は…

 その野菜は今、旬の時期を過ぎたからでしょう、紹介されているふるさと納税サイトは少なくなっているのですが、満点の☆がついているなど好評のようでした。


 二つ目は…

 その野菜の名産地を含む畑が広がる地域のほぼ真ん中に、不自然に1つだけ大きな工場があり、その工場の方から異臭が漂ってくることがあるのは、以前の記事の通りです。

 とはいえ、いつも異臭が漂っている訳ではないようなので、付近の農作物への影響は限定的で、以前の記事では言いすぎたかな、とも思っていました。

 ところが、雨の日は必ずと言っていいほど異臭が漂ってくるらしいことがわかりました。


 異臭の元となる物質は常に排出しているが非常に軽くて、天気の良い日は空高く上がってしまって臭いは感じないが、雨の日は、それが雨に混じって地上に降りてきてしまって臭い。

 あるいは、雨が降っていないと(風にもよりますが)異臭が広く・遠くまで行ってしまうので、問題のある異臭だからこそ、より狭い範囲までしか届かない雨の日に排出している、という二つのパターンが考えられます。

 どちらにしろ、工場周辺の畑には異臭の原因となる物質が雨に混じって降り注ぎ、その水分を名産品の野菜が吸収している可能性が高くなります。


 繰り返しになりますが…

 私(このブログの作者oretomo)は、結果的にとはいえ、いじめ自殺にひどい対応をした地方自治体に多額の寄付がなされた「ふるさと納税」という制度には、反対です。

 しかし、他の人がふるさと納税を利用するのを止める気はありません。

 異臭を発する物質に汚染された可能性があるものを、それと知らずに食べて、おいしいと思ったり高評価をつけたりしているとしたら、むしろ気の毒です。

 ただ、このブログをお読みになってくださっている方々には、そのようになってほしくないので、あらためて…

 この野菜に限らず食べ物のお取り寄せについて、ふるさと納税の返礼品になっているからと安心せず、(せめてインターネットで)購入前に産地がどこか、できるだけ狭い範囲で限定し、その産地の地図と航空写真を見ることをお勧めします。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
補足と意見-2
2024/03/14.Thu

令和6年3月中旬の報告

 令和6年(2024年)の3月中旬になりました。

 カテゴリごとに古いものから順に、時折、少しずつ進めている「修正」は、カテゴリ“平成25~26年-冬”が終わりました。


 「目次」としては、以下になります。

平成25~26年-冬  テレビのウソから離れて生きる決心
 俺は、「テレビでウソをついた人及びその仲間とはかかわらずに生きていく」
 と決意しました。
 それが非常に大変で、苦しいことを承知の上で。


 この後は、カテゴリ“平成26年-春”の修正に入りたいと思っています。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
連絡
2023/12/31.Sun

令和5年の年末に…

 令和5年(2023年)が終わろうとしています。

 多くの人を苦しめたり騙したりしていたのに、ずっと見て見ぬふりされてきた複数の問題が、ようやく明らかになった年だったな…

 というのが私(このブログの作者oretomo)の感想です。

 もちろん、そのような問題は表に出されてよかったのですが、見て見ぬふりされてきた期間が長ければ長いほど、表に出てきた時の影響が大きいな、とも思いました。


 このブログ本編の地域で認知症のフォーラムの開催とそのテレビ放送があってから、そして…

 NHKスペシャル“認知症800万人” 時代「母と息子 3000日の介護記録」が放送されてからも、(両方とも2013年のことなので)10年が経ちました。

 こちらのウソ・疑惑は、いつまで見て見ぬふりされ続けるのでしょうか…


 このブログを訪問してくださっている皆様、今年もありがとうございました。

 来年も、よろしくお願いいたします。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
連絡
2023/12/24.Sun

ある市長選挙 その2

 以前にUPした、次の6つの記事があります(UPした順でなく記事内の出来事が起きた順に上から並べており、各記事にリンクしています)。

  平成27~28年-冬-(13)

  平成27年の年の瀬に

  精神科の廃止が決まった市立病院、その後…

  精神科の廃止が決まった市立病院、その後… 2

  精神科の廃止が決まった市立病院、その後… 3

  ある市長選挙


 これらの(このブログの)記事に続く出来事が2つ、最近ありました。

 地元新聞社のホームページに掲載されていた記事によりますと…

 老朽化していた市立病院の建て替えと新しい精神病院の建設をセットにすることによって、様々な問題をある程度は解決させたようです。

 2023(令和5)年の秋、その工事が終わって2つとも開院しましたが、医師不足は相変わらずらしいです。

 その約1か月後には、市長の在任期間の4年ぶりにまた市長選挙が行われて…

 精神科の廃止が決まった時から現職だった市長の後継候補と、4年前に現職市長に負けて今回も国政野党側の支援を受けた新人候補との実質、一騎打ちでした。

 結果としては、4年前も今回も市立病院(の精神科の問題)について特に触れることなく選挙戦を戦ったらしい新人候補が、今回は勝ちました。

 国政与党側の支援を受けた後継候補は、国政与党の党としての問題や、党の代表である首相の評判の悪さが響いたでしょう。

 とはいえ、「どちらが勝っても…」という感じで、「建物が立派で医師不足の病院ができた」というのが、精神科の廃止が決まってからの話の結末のようです…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
補足と意見-2
2023/12/10.Sun

令和5年12月上旬の報告

 令和5年(2023年)の12月上旬になりました(明日から中旬ですが)。

 カテゴリごとに古いものから順に、時折、少しずつ進めている「修正」は、カテゴリ“平成25年-秋”が終わりました。


 「目次」としては、以下になります。

平成25年-秋  テレビはウソをつき、俺はNPO活動をやめることにした


 この後は、カテゴリ“平成25~26年-冬”の修正に入りたいと思っています。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
連絡
 | HOME | Next »