FC2ブログ
2009/09/07.Mon

平成19年-秋-(10)

 父親がデイサービス中やデイサービスから帰宅した時に怒る、ということがあった。

 父親は、混乱する(何がなんだかわからなくなる)と、緊張なのか、もどかしさなのか怒りなのか、かすかに身体が震えているように見える。

 ある日の俺が家にいなかった午後、母親によると、父親は昼寝をしようとしたのだが、鼻の調子が悪くて何度も起きてしまい、「なんでこんなことになったんだ。頭がゴチャゴチャして何をしていいかわからない」と言ったそうだ。


 父親は、家での、特に夜の排泄が困難になってきた。

 混乱がひどく、トイレに行って便座にすわるところまでいっても、「わからない」といって先に進めなくなってしまうことがよくある。

 夜は父親のトイレで、俺と母親は悩まされ続ける。

 夜寝る前に排泄できなくて、できても不十分で、夜中や早朝に父親が起きてしまい、俺か母親がトイレに連れていくことが増えた。

 逆に、夕方に排尿してから翌朝8時くらいまでトイレに行かないこともあり、そうなると、夜尿症や泌尿器系の病気の心配が出てくる。


 俺は、父親がトイレでパンツを濡らさないようにしてほしくて(平成19年-秋-(9) 参照)、効果があるのではと思って便座カバーを取り付けてみた。

 すると、便座とその下の便器との間に挟まってしまうパンツがカバーにひっかかり、尿やウォシュレット水がかかるところまでパンツが入っていかないようで、パンツが濡れてしまうことは減った。

 しかし今度は、特に混乱した時、便座カバーに尿をかけてしまうことが増えた。


 父親本人の状態、母親の病気、俺の体調、いろいろな面でデイサービスだけではもう無理な状態になりつつある。

 俺は、デイサービスとショートステイの両方のサービスを介護保険で受けられるところ(多機能で将来的にも対応してくれる施設)を探しておいてくれるよう、ケアマネージャーに頼んだ。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
2009/09/07.Mon

平成19年-秋-(9)

 ある日の夕方、父親に、鼻水が途切れないくらいひどい、顔が赤い、咳が出る、いつもより熱が高い等の症状が見られたので、市販の風邪薬を飲ませてみたが、少ししか良くならなかった。

 翌日の午前中に、俺が付き添って病院に行き、父親を病院の内科で診てもらったところ、風邪と診断された。

 風邪薬として錠剤と顆粒の薬を出されたのだが、父親は錠剤が苦いようで、また、顆粒の薬は自分で飲めず、俺が飲ませると精神的に傷ついたようだ。

 また、風邪からくる疲れや薬の副作用もあったのだろうが、混乱や眠気がひどかった。

 俺は、父親の飲む薬もよく考えなければならないと思った。


 次の日の朝から(やむなく)市販の風邪薬に戻したところ、風邪は徐々に治っていったが…

 父親は、風邪をひいた頃から、行動の遅さ(疲れや食欲不振)、混乱、拒否が目立つようになった。

 風邪および風邪薬の副作用によるところが大きいと俺は思っていたが、風邪の症状がおさまり、風邪薬を飲まなくなってからも変わらず、むしろひどくなった。

 一例としては、家のトイレ(洋式便器)に座って排便した際に、あいかわらずパンツをしっかりおろしてくれないので、パンツの腰部分が便座とその下の便器の間に深く挟まり、尿やウォシュレットでパンツ(の腰部分)を濡らしてしまうことが増えた。

 少し前までは、俺か母親が濡れたパンツを交換しようとすると、父親は足をあげるなど身体を動かして協力してくれたのだが、最近は、俺か母親がパンツを交換しようとしても、身体を動かしてくれない。


 それから1ヶ月くらいして、また父親の鼻水や咳などがひどくなり、今度は近くの内科医院に連れて行ったら、やはり風邪と診断された。

 前回の反省から、俺は、シロップの薬や水に溶かして飲める粉薬など、父親が飲みやすいと思われる薬を医師に頼んだ。

 父親は帰宅してから食後、その処方された薬を、ほとんど抵抗なく飲んでくれた。

 2~3日後には父親の風邪の症状は、だいぶおちついた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
2009/09/06.Sun

平成19年-秋-(8)

 秋口には、父親のデイサービスの開始時刻(俺が父親を車で送って到着する時刻)を、また少し早めて9:00頃にした。

 晩秋には、朝、デイサービスの車に家まで父親を迎えに来てもらうようにした。
 そのようにした初日から、特に問題なく、スムーズに乗っていった。

 朝夕とも送迎してもらうようになり、俺の負担はだいぶ減ったような気がした。


 デイサービス先のスタッフから、デイサービス中の父親について、まとめて話を聞く機会があり、次のような内容だった。

 外出するイベントには率先して参加し、幼老統合ケアということで同じ施設にいる子供たちとの交流を、とても喜んでいる。

 できないことも多く、混乱することもあるが、スタッフの声がけや手助けがあれば、なんとかなっていて、帰宅願望や入浴拒否は特に見られない。

 一方で、以前より食欲がなくなり、テレビもだいぶ理解できなくなってきているようだ。

 排泄(排尿)したそうなのでトイレに誘導するのだが、トイレに行くだけで排泄に至らず部屋に戻る、ということが増えてきた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
2009/09/06.Sun

平成19年-秋-(7)

 いつも父親には、薬(錠剤)を湯飲み茶碗のぬるま湯で飲んでもらうようにしているのだが、味噌汁で飲んでしまうことが何度かあった。


 父親のばっかり食いについては、ごはんに納豆などをかけるとごはんから(だけ)、ごはんに何もかかっていないとおかずから(だけと)、あっという間に食べてしまうという感じで、さらに極端になってきた。

 おかずを食べながら(おかずといっしょに)ごはんを食べるということができなくなってきているのかもしれない。

 しかも、水分をとりながらではないので、むせやすく、せきこみやすい。


 父親は、食事では一部の苦手なものを除き、残さずきれいに食べていたのだが、数個のご飯粒など、ほぼすべての品を少し残す(きちんと最後まで食べられない)ことが多くなった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
2009/09/06.Sun

平成19年-秋-(6)

 約1ヶ月に1回、家族3人で行く父親の認知症(若年性アルツハイマー)の定期検診では、主治医がいつも通り、簡単な質問や、主治医の手の形(Vサインや狐など)を真似するといったテストをした。

 父親は、あいかわらずうまく対応できず、少しずつ悪くなっているように俺には見えた。

 診察後は、いつも通り、次回の診察までのアリセプト(平成13年-春-(2) 参照)と繰り返しの症状を抑える精神薬(平成18年-秋-(9) 参照)を受け取ってから、家に帰った。

 後からの父親の言動で俺が気づいたのだが、診察の際に父親は、何をしに病院に来ていたのか、わかっていなかったようだ。


 父親は、ここ数年この時期になると、ベストやセーターの裾を、いつもズボンの中に入れてしまうので困っていたのだが、最近は時々、自分でちゃんと外に出すようになった。


 最近の父親は、少し前まで言えなくなっていた難しい言葉を、不意に口に出すことがある。


 家族3人で、秋祭りの時期には2箇所ほど近くの祭りのイベントに、紅葉の時期には山の紅葉スポットに行ってきた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
2009/09/05.Sat

平成19年-秋-(5)

 父親の鼻のかみすぎやアカこすりは、あいかわらずだ。

 父親の膝たたきもあいかわらずなので、俺が試しに、膝たたきが始まったら頃合を見て、手で握る健康器具を持たせたら、一時的にだが膝たたきをやめてくれた。


 ある日の夕食時、母親の冗談を本気にした父親が、テーブルを叩きながら怒ってしまった。


 その数日後の朝、父親はやたらと鼻を気にして、それでも俺が洗面所に案内し、いつものように顔を洗うよう勧めたら、鼻ほじりを続けたいのを妨げられた形になってしまったせいか、不機嫌になり、徘徊を始めてしまった。

 俺があわててなだめたら、なんとか家の中で、短時間でおさまったが、一つ対応を間違えば外に出てしまって、長時間の徘徊になってしまうところだった。


 別の日の昼食後、父親は、俺がちょっと目を離した時に、家の廊下で(どこに行こうとしていたのかわからなくなったようで)迷ってしまい、その後の歯みがきの際には、コップの中の水を歯ブラシでかき回した(俺は始めて見た)。

 その直後のトイレでは、ズボン・パンツやスリッパの脱ぎはきがおかしかった。


 朝、仏壇に手を合わせるのが我が家の昔からの日課なのだが、父親は、なぜそういうことをするのか、わからなくなってきたようだ。

 また、以前はちゃんと正座して手を合わせていたのだが、最近は立ったままだ。


 最近の父親は、家でもデイサービス先でも、もっぱら椅子、座椅子やソファに座るせいか、床(畳・座布団)に直接座ることができなくなってきたようだ。


 ある日の夜、家での入浴時、父親は浴槽に入ろうとして足を滑らせ、腰を打ちそうになった。

 入浴を手助けする俺の体調がしばらく悪かったので、父親の家での入浴が久しぶりになってしまったこともあるだろうが、大きな手すりも必要では、と俺は思った。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成19年-秋
 | HOME | Next »