FC2ブログ
2015/05/09.Sat

平成25~26年-冬-(15)

 3月前半は、晴れて少し暖かくなったかと思えば、除雪をしなければならないほど雪が降る日もあって、冬と春の境目であることを感じた。

 その不安定な天候も原因の一つだろうか、俺は、片方の太ももの痺れるような痛みが強くなり、腰もしんどい。


 問題の親知らず(平成25~26年-冬-(6) 参照)が原因と思われる歯の痛みも出てきた。

 まだ抜けるほど親知らずは顔を出しておらず、この痛みがすぐに強くなったら、全身麻酔の手術しかない。

 俺は「歯の痛みだけでもおさまってくれ」と祈りながら、勉強を続けている。


 その一方で、毎年のこの時期の問題にも対応しなければならない。

 俺は、花粉症の症状を抑える目薬を使い始めた。


 そのような生活をしていたある日、俺が家でテレビの地域ニュースを見ていたら、昨年の秋に新聞やインターネットに出ていた県の認知症対策担当者(平成25年-秋-(31)平成25年-秋-(32) 参照)のことが紹介された。

 しかし、「若年性認知症」対策の担当者(でもある)という話は無かった(消えていた)…


 東日本大震災の発生から3年の3月11日には、俺はテレビの追悼番組を見ながら、黙とうした。

 俺の住む地域は大きな被害が出た被災地から遠くはないし、そこで今も本当に苦しんでいる、困っている人たちがたくさんいることも、俺はわかっている(少なくともわかろうとしている)。

 それなのに、自分の先行きが全く見えず、被災地や被災者のために黙とうしかできない自分が、情けない…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
2015/05/02.Sat

平成25~26年-冬-(14)

 3月前半も俺は週2回くらい母親と一緒に、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行った。


 父親の表情や姿勢は良いものの、少し疲れているような時があった。

 スタッフさんに話を聞いたら、その日の俺と母親が面会する前にトイレで排便があって、今回は出るまでやや時間がかかったそうで、それでスッキリしつつも疲れたからだろう。


 この特養では月一回、同じ建物内(の一室)に喫茶店が開店するのだが、面会と重なることがあった。

 その日は父親の調子が悪くなかったので、スタッフさんの勧めもあり、家族3人でそこに行った。

 父親を喫茶店まで慎重に誘導する際、最初は手引き歩行で、途中からモジュール車椅子に乗せて行くつもりだったが…

 なぜか父親が車椅子に座ることに抵抗したので、俺と母親は父親の疲れや転倒を心配しながらも、ずっと手引き歩行で移動させるしかなかった。

 そこでやっと車椅子に座らせられたものの、斜め前に傾いていくので、それを俺が抑えながら、母親が全介助でコーヒーを飲ませた。

 すぐ隣に別の入居者さんが来てしまったので、その人にも配慮しながらになり、大変だった。


 また別の日に面会した際には、特養がある建物のホールで、ボランティアの人たちによるコンサートがあり、家族3人で見た。

 ホールには特養の入居者さんたち、わりとしっかり身体が動き、普通の椅子におちついて座って聞いている人から、リクライニング車椅子の座面・背もたれをだいぶ後ろに倒してほとんど動かない人たちまで、数十人いる。

 総合的な介護施設なので、デイサービスやショートステイの利用者さんたちも何人か来ているようだ。

 ただ、俺と母親のように面会して同席している特養入居者家族はいない。

 このようなコンサートは月に数回あるので、俺と母親が父親に面会する時と重なることも2~3か月に1回はあるのだが、こういう際に他の入居者家族と会うことはめったにない。

 80代以上の高齢の入居者が多く、その子供世代も定年を超えたり子育てを終えたりしている場合が多いはずで、こういうイベントの際に面会して付き添うことは充分可能だと思うのだが…

 そういう人たちがいなくて、働き盛りの年代で、本来この場にいないのが普通の俺がいるわけで、いつも俺は違和感を覚え、居づらさを感じている。

 しかし、このペース・時間帯で、しかも俺が自家用車を運転して連れてこなければ、(母親の体調や日頃の言動からすると)母親が面会することはなくなるだろう。

 それでは、あまりにも寂しい。

 母親が父親と定期的に面会できる状態を維持しながら自分が働く方法を、俺は探り続けている。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
2015/04/25.Sat

平成25~26年-冬-(13)

 2月後半に入った頃、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)から、父親の先月分の請求書や生活記録が届いた。

 それによると、1月の父親は時折、排尿の間隔が長くなっていたようだ。

 また、午後の昼寝は父親の身体の横への傾きを軽減させる効果があるようだ、というスタッフさんの意見も書いてあった。


 この冬は、例年より雪が多い。

 大雪になり、朝に新聞が届かず、昼近くなってようやく届くという日があった。

 当然、雪かきも大変になって、俺の坐骨神経痛や腰痛がきつくなる。


 俺は、主に坐骨神経痛のことで整形外科を受診したが、これまで通り、痛みを緩和する薬を飲み続けるしかない。


 皮膚科医院にも行って、しもやけや冷えを和らげる漢方薬、アナフィラキシーの再発予防を兼ねて蕁麻疹の症状を抑える飲み薬など、継続せざるを得ない薬の処方だけ頼んだ。

 漢方薬の方は、基本的には冬限定なのだが、症状が強く出るので、秋の内から飲み始め、春になってもしばらくは続けなければならない。

 蕁麻疹の症状を抑える飲み薬は、この後2か月くらい、花粉症の症状を抑える役割も(ある程度)果たす。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
2015/04/18.Sat

平成25~26年-冬-(12)

 俺は、2月後半も週2回くらい母親と一緒に、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行った。


 スタッフさんから、父親の排尿が長時間ないことが時々あるのだが、一回あたりの量が多くて、総量がちゃんとあるので大丈夫だと思う、という話があった。

 とはいえ、さらに間隔が長くなったり、総量が少なくなったりしたら嘱託の医師にすぐ知らせる、とも言われた。


 父親は、眠そうな時が多いものの、わりとしっかり目が覚めている時がある。

 しかし、そういう時は、パーキンソン症状の一つと思われる手の震えが出やすい時でもある。

 笑顔を見せてくれたかと思えば、その少し後で椅子に座らせて(全介助で)飲ませたお茶を、横に上半身が傾いている方の口の端からこぼす、ということもあった。


 父親に手引き歩行で少し歩いてもらったり、父親の部屋で少し整容面の介護をするのは主に俺なのだが…

 俺の坐骨神経痛が強すぎて身体がまともに動かなくなってしまった時は、ある程度省略したり母親に任せたりするしかなかった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
2015/04/11.Sat

平成25~26年-冬-(11)

 1月末から2月前半にかけての俺は、父親との面会、母親の通院や日用品の買い物における同行・送迎など、父親と母親のために動くこと以外では…

 坐骨神経痛が少しおさまってきたようなので薬を減らしてみたが、数日で減らす前より痛みが強く出るようになり、元の量に戻さざるを得なかった。


 時期的に仕方がないのだが、積雪が多くなり、家周りの除雪が大変になった。

 そのせいだろう、俺は何度も腰痛が強くなった。

 しもやけもひどいし、頭痛や疲労感も時々強く出る。


 ハローワークに職探しに行くこともあったが、やはり、現在の俺にできる仕事は無い。


 それら以外は、相変わらず家にこもって難関資格の勉強をしている。

 だから、ソチオリンピックが始まったものの、何度もテレビや新聞で伝えられる日本選手の主な結果ぐらいしか、俺には情報が入ってこない。


 同じ時期、何度もテレビで伝えられて、断片的ながらも情報が入ってきたのは、「耳が聴こえないのに素晴しい曲を18年間も作ってきた作曲家が、実は作曲しておらずゴーストライターに作らせてきて、耳も聞こえているようだ」という話だ。

 俺に届く情報が断片的なのではっきりとは言えないが、クラシック音楽、作曲、本人の聴力といった点での問題は指摘されているものの…

 本当に耳が聴こえない人とその家族・介護者・支援者といった、ウソをつかずに誠実に障害と向き合ってきた人々の、この件に対する思いといったものは、ほとんど伝わってこない。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
2015/04/04.Sat

平成25~26年-冬-(10)

 俺は、1月末から2月前半にかけても週2回くらい母親と一緒に、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行った。

 父親の表情や姿勢がとても良い時があって、スタッフさんに話を聞いたら、普段のオムツやパッドにではなく、久しぶりにトイレで座って排尿・排便があった直後だそうで、それで身も心もスッキリしたからだろう。

 別の日にはヘアカットをしてもらい、この時も表情はスッキリしていた。


 普段の父親の移動は、モジュール車椅子に乗せたまま、あるいは慎重に、しっかり両手をとっての手引き歩行なのだが、リハビリをしてくれている看護師さんによると、歩行がわりと安定して片手だけで手引き歩行できる時があったそうだ。

 その一方で、身体が大きく横に傾いて、歩行中だけでなく座っている時にも慎重に対応しなければならない時もあった。


 面会と父親の歯の往診が重なることがあった。

 歯科衛生士さんは、父親を共同スペースのソファに座らせたまま、てきぱきと父親の歯を調べて、ブラッシングなどもしてくれたが…

 少し後で話を聞くと、やはり父親は、みてもらっている間に歯科衛生士さんの指を噛んでしまうことがあるそうで、俺と母親は謝った。


 父親が特養に入居したのは、2年前のこの時期だった。

 自分の身体の問題や両親のこと、テレビのウソなどがあるにしても、2年経つのに、まったく先の見通しを立てられないでいる俺自身が、情けない…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成25~26年-冬
 | HOME | Next »