FC2ブログ
2018/06/08.Fri

平成27~28年-冬-(30) しばらく面会できない

 2月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと…

 父親はベッドで仰向けになっていて、日中の部屋着を身につけており、その上に布団が掛けられていて、目をつぶっていたが、声をかけたら目を開けた。

 俺の弟が先日、家(弟からすると実家)に来て母親に渡しておいた子供たちの写真を、この日に母親が家から持ってきて、父親に見せてから、棚の上にあるフォトフレームに入れた(入っていたものは家に持ち帰る)。

 介護スタッフさんが俺と母親の分のお茶を持ってきてくれた際、俺は父親の部屋の前の廊下で、そのスタッフさんと父親の食事について聞いた。

 父親の朝昼夕のミキサー食を食べる時のムセは少しあるが、(トロミ付)エンシュアだけの時と大きな違いはなく、心配しなくていいそうだ。

 入院前のソフト食(平成26年-秋-(17) 参照)・なめらか食(平成27年-春-(2) 参照)でなくミキサー食という形状になっているのは、ソフト食・なめらか食は(少しでも、歯ぐきでだけでも)噛む・噛める人向けであり…

 父親は総合病院に入院してから噛むものを食べていなかったせいか、まったく噛まずに吸い込んでしまいがちで、なめらか食でも喉を詰まらせたり誤嚥したりする危険性が高いので、(まったく噛まずに吸い込んでも)より安全なミキサー食にしているとのこと。

 俺は、先日買って持ってきたラジオをスタッフさんに見せて、使う許可をもらい、操作方法を(ほとんど電源スイッチを入れてもらうだけでいいタイプだが)説明してから、日中の、父親が部屋にいて眠ってはいない時につけてほしいと頼んだ。

 俺は、ラジオを父親の部屋の棚に置いて、早速つけてみた。

 音量を、となりの部屋の人に迷惑にならないように、父親が眠くなった時に眠りを妨げないように小さくして、かといって父親が目が覚めている時に聞こえるくらいには大きく、という調整が面倒だった。

 父親に特に反応は見られなかったが、室内の雰囲気が少し明るくなったように、また、部屋に生活感が出てきたように、俺には思えた。

 ラジオを置いた横には痰の吸引器があるが、相変わらず使われた形跡はない。

 その近くの「看取りファイル」を読むと、父親の状態に大きな変化はないが、朝昼夕のミキサー食を全体の何割食べたか、が書かれるようになった。

 10:00頃と15:00頃には、ジュースゼリーを食べているようだ。

 朝昼夕は7割以上を食べられていて、もし、それよりも少ない量しか食べられなかった時は、その後のジュースゼリーをエンシュアに切り替えて、栄養不足にならないようにしてくれているらしい。

 女性スタッフさん二人が来室して、その二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移して、腹から足にかけてをヒザ掛けで覆った。

 腹から足にかけて覆うのは、冬以外はバスタオルだが、冬は寒いので、家族が持ち込んだヒザ掛け(ハーフケット)を使う。

 (特養を含む介護)施設のホールで、地域ボランティアの人たちによるコンサートがあり、父親は聞きに行けるので、家族に連れて行ってほしいとのことだった。

 俺も母親も、父親を連れて行くのは全然かまわないし、こういうことは退院後初めてなので嬉しいくらいだが、このような入院前と同じことができるのに「終末期」と診断されたまま、ということに違和感を覚えた。

 スタッフさんが退室した後、俺が父親の車椅子を押して、母親がその横についてホールまで行き、すでに、特養の入居者さん(のうち参加できる人)たちを中心に、数十人が扇形に椅子や車椅子に座っていて…

 その端に、父親の車椅子を固定して、俺と母親はその両脇に、ホール備品の椅子を持ってきて座った。

 民謡のコンサートだったが、歌っている人の声が大きいだけでなく、三味線や尺八の音も大きすぎたからだろう、父親がびっくりしたような表情や動きを見せたので、早めに特養の共同スペースに戻った。


 その2日後、特養の生活相談員さんから家に電話があり、父親が入居しているブロックではないものの、特養で感染性の病気が発生してしまったので、しばらく面会を控えてほしいとのことだった。

 俺は、父親のことは心配だが、ラジオを持ちこんでいて良かった、と思った。

 また、TOEICの試験日が近づいていたので、結果的に勉強時間を増やせたことも助かった。


 父親に会えないまま、うるう年で29日までの2月が終わった…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
2018/06/06.Wed

平成27~28年-冬-(29) ラジオ

 2月下旬になると俺は、耳鳴りがあまり出なくなってきたので、耳鳴りを抑える薬を飲まない日もあった。

 朝夕の坐骨神経痛の薬と、夜寝る前の蕁麻疹(じんましん・アレルギー)の薬は、飲まざるを得ないが…

 その蕁麻疹を抑える薬など、皮膚にかかわる薬が少なくなってきたので、俺は皮膚科医院を受診した。

 医師によると、俺の顔の皮膚の荒れは良くなっていて、その塗り薬の使用量を減らしてもよいそうだ。

 冷え症・しもやけについては、この冬は暖冬なので例年ほどひどくないが、1~2か月分の漢方薬と塗り薬を処方してもらった。

 蕁麻疹の薬は、いつものようにできるだけ多く処方してもらい、この薬は春先に、俺の花粉症の症状を抑える薬にもなる。


 俺は、花粉症による目の症状を抑えるための目薬を処方してもらうために、眼科医院を受診した。

 花粉症の話をしたり聞いたりするようになるのは、春が近いということだ。


 母親が虫歯の治療のために歯科医院を受診した際、いつものように、俺は自家用車を運転して母親を送迎し、母親が歯科医院にいる間、俺はガソリン代を節約するため、少しでもTOEIC学習時間を取るため…

 家には戻らず近くのスーパーなどの、お金をかけずに過ごせる休憩スペースで勉強した。

 母親から携帯電話で、会計まで終わったという連絡を受けると、俺は歯科医院に母親を迎えに行き…

 その後に母親と、家に帰る途中のドラッグストアやスーパーで食品・日用品の買い物を済ませたのも、いつもの生活パターンで、ガソリン代の節約などのためだ。


 父親が元気になってきて、少し安心した俺は、あることに気づいた。

 総合病院に入院する前の日中の父親は、特養の共同スペースにいる時間が長く、そこではテレビがついていたり音楽が流れていたりして、時刻を教えてくれるもの、外部の情報との接触、適度な刺激などがあったが…

 退院後は部屋にいる時間が長くなり、スタッフさんや家族が部屋に来た時以外は、今がいつなのかわからず、そのような接触や刺激もない、無音に近い状態になっているはずだ。

 入院前の二人部屋で、隣スペースの寝たきり入居者の枕元でラジオがついていたことを思い出して、父親のためにラジオを買って、スタッフさんに部屋でつけてもらうことにした。

 とはいえ、ラジオ一つ買うにも、いろいろ考えなければならなかった。

 なるべくスタッフさんの負担を増やさないようにするため、部屋の棚に置きやすく、操作がシンプルなものでなければならない。

 また、部屋のコンセントにつなぐタイプだと、テレビを部屋に設置するのと一緒らしく、特養に別料金(テレビやラジオのための電気代)を支払うことになる(平成26~27年-冬-(22) 参照)ので、それを避けようとすると乾電池タイプを買うしかない。

 そのような条件を満たし、できるだけ安いものを家電量販店で探して、購入した。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
2018/06/03.Sun

平成27~28年-冬-(28) 点滴はやめて、エンシュアとミキサー食へ

 2月中旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと、エアコン(暖房)と加湿器が入っていた。

 父親は、ベッドで少し横向きの仰向けになっており、部屋着の上に布団が掛けられていた。

 家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーで、父親が好きだった歌謡曲が多く歌われている音楽番組を録画し、DVD-RWディスクにダビングしたものを流すと…

 この日の父親は積極的に聞こうとする感じがあって、俺や母親の声がけに対しても、反応らしきものが見られた。


 その次の面会でも、父親は笑顔や反応を見せてくれて、自分で頭を上げよう(枕から頭を浮かせよう)とすることもあった。

 父親は点滴しておらず、棚の上にある痰の吸引器は、相変わらず使われた形跡がない。

 棚の上の「看取りファイル」に書かれている内容にも大きな変化はないようだが、スタッフさんが忙しいのだろうか、最近の食事や点滴について書かれていないところがあった。


 その次に面会した日、父親と部屋にいた俺・母親のためにお茶を持ってきてくれた女性スタッフさんは、初めて会う人だった。

 初めてとはいえ、介護スタッフとしてベテランであることは見て、少し話しただけですぐわかった。

 やはり、この特養を含む介護施設の人事異動で、特養の、俺の父親が入居しているブロックに来たそうだ。

 ベテランなら、と思って俺が「看取りファイル」の、最近の書かれていないところについて聞いたら…

 父親の食事は、(トロミ付)エンシュアだけから、いろいろな食材・おかずのミキサー食へ移行中なので、ファイルに書きにくかった(全部書くには欄が小さすぎた)らしい。

 ミキサー食を完食するときもあるなど、口から充分な水分と栄養を取れるようになったことにより、点滴をやめたから、点滴のことは書かれていなかったそうだ。

 父親が入院前に近い食事に戻ったということなので、俺も母親も喜んだが、その経緯が気になった。

 父親を内科で往診していて、入院中は担当医師だった泌尿器科の医師は、ミキサー食への変更に反対で、エンシュアの増量のみにすべきだと言ったが、ST(言語聴覚士、飲みこみの専門家)は変更してもいいだろうと判断した、という相違があって…

 結局、STの意見が通った、ということらしい。


 その次の面会中、父親の部屋に精神科の医師が往診に来て、俺と母親に「回復して良かったですね」と言った。

 その言葉に対しては俺も母親も同感だったが、その次が問題だった。

 「薬を飲まなくなると、よくなるなんてね」は、おかしいだろう。

 「もっと早く、遅くとも入院中に弱ってきた頃には、精神薬の服用を止めるべきではなかったのですか?」と俺は言い返したかったが、やめた。

 この精神科の医師は、先日、父親が入院していた総合病院ではなく、別の精神病院からこの特養へ往診に(だけ)来ている人であり…

 この県の精神科医師の不足、精神医療の質の低下が、そもそもの問題なのだ(平成27年-夏-(9)平成27~28年-冬-(13) 参照)。

 今さら、この医師に何を言っても、仕方がない…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
2018/06/01.Fri

平成27~28年-冬-(27) 葬儀社の担当者

 平成28年(2016年)の2月中旬、俺の住む地域は、寒さが緩んだり厳しくなったり、雨が降ったり雪が降ったりと、コロコロ変わった。


 母親が歯科医院で定期検診を受けて、いつものように、俺が自家用車を運転して送迎し、俺は母親を待っている間、近くのスーパーの休憩スペースでTOEIC学習をした。

 母親は自家用車を運転できず、そもそも運転免許を持っておらず、公共交通機関が非常に使いづらい地域で、タクシーを使う経済的余裕がないし、こうして送ってから一度家に帰るのはガソリン代がもったいないから、この方法しかない…

 それはともかく、TOEICテストまで1か月を切ったので、俺は集中して勉強している。


 以前行った葬儀社のイベント(平成27~28年-冬-(18) 参照)が、また2月中旬にあったので、俺と母親は、そのイベントが開催されている斎場に行った。

 前回のイベントの際に説明してくれたスタッフが担当者のようになり、今回までの間に電話で相談などもして、俺は、父親が亡くなった際の、おおよその葬儀参加人数などのデータをそろえた上で…

 この日のイベントに参加した後、そのスタッフと話し合った。

 そのスタッフは、参加人数などを基に見積を出してくれた。

 俺と母親は、父親が回復してきて看取りはまだ先のようであることを話すと、スタッフは、「2~3か月に1回くらいイベントがあるので、気軽に参加していただいて、その時の状況を教えていただけると助かります」と言った。

 見積金額、これまでの対応などを総合的に判断して、父親が亡くなった時に頼む葬儀社は、ここに決めて、母親が葬儀社の互助会に入ることになった。

 家族と近くの親戚だけが参加する葬儀を対象にした、最も低額のコースで…

 このスタッフさんは、正式に我が家の担当者になった。

 父親は元気になってきて、「まだ看取るのは早いし、もっと元気になってほしい」と思いながら葬儀などに早めに備えておくことに、やはり俺は、違和感や抵抗感がある…


 父親が入居している特養から、父親の先月分の請求書と生活記録が届いた。

 1月分の請求書の方は、退院してから(二人部屋でなく)個室になり、12月と違って丸々一か月入居していたから、入院前より高額になっているが、これは仕方がない…

 生活記録は「看取りファイル」に書かれていたことと、ほぼ同じだった。


 この時期の全国ニュースによると、円高と株安が大きく、「育休議員」は辞職したが…

 俺が一番気になったのは、川崎の老人ホームで起きた連続不審死事件で元職員が殺人の罪で逮捕されたことだった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
2018/05/30.Wed

平成27~28年-冬-(26) また歯が外れたが…

 2月上旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと…

 父親はベッドで仰向けになっていて、布団が掛けられているが、関節の拘縮でヒジやヒザが曲がったままになっているせいか首や肩、手足の先は布団からはみ出ているので…

 父親が着ている長袖シャツの手首部分とスエットパンツの足首部分と靴下が見えており、長袖シャツの中は着せたり脱がせたりしやすい下着シャツ、スエットパンツの中は紙オムツのはずだ。

 暖房が入っているので、そのままでも大丈夫だと思うが、寒そうな時は俺と母親がスタッフさんに話した上で、布団を足先まで隠れるように掛けて、その分、上の方で出てしまう首や肩については、家から持ってきたマフラータオルを掛けるようにしている。

 介護スタッフさんが俺と母親の分のお茶を持ってきてくれた際に、「昨日、枕元に歯のようなものがありました」と言った。

 スタッフさんが見ていなかった時に、父親の差し歯の前歯がまた外れて、今回は入院中の時(平成27~28年-冬-(3)平成27~28年-冬-(4) 参照)と違って飲みこまずに、自分で口から出したようで…

 昨日、他の入居者さんの口腔ケアで特養に来ていた歯科衛生士さんが対応してくれて、また、今日、少し後になるが、歯科医師の先生による歯の往診があるので、必要な処置をしてくれるだろう、という話だった。


 その次の面会では、父親はベッドで少し横向きの仰向けになっていて、1本(1パック)の点滴中だった。

 棚の上の痰の吸引器は、相変わらず使われた形跡がない。

 その近くの「看取りファイル」を読んでも、特に問題や変化はなく、「エンシュアを朝昼夕に150ccずつと、10:00頃と15:00頃に100ccずつ、点滴は1本」になってから半月が経った。

 差し歯が外れた前歯(部分)については、戻せず、前回と同じように対応していくしかないらしい(平成27~28年-冬-(4) 参照)。


 その次に面会した日は、俺を母親が父親の部屋に入ると、父親は、上半身部分を少し高くされたベッドに仰向けで、介護スタッフさんに10:00の(トロミ付)エンシュア100ccを全介助で飲ませてもらっていたが…

 今回はトロミ具合も、飲ませ方も、口の拭き方も雑だった。

 そのスタッフさんが退室した後、父親の口まわりにベタベタとくっついたままのエンシュアを、俺がお湯で絞ったタオルで拭き取った。


 その次の面会でも、前回と同じスタッフさんが、同じように雑にトロミ付けしたエンシュアを、同じように雑に飲ませ、同じように雑に口まわりを拭いたので…

 その後、俺が前回と同じように拭き取った。

 このスタッフさんだけとはいえ、ひどい介護が続いたので、俺は機会を見つけて特養の生活相談員さんに話そうと思っていたら、数日後…

 このスタッフさんの姿が見えなくなって、父親の口まわりがベタベタすることもなくなり…

 さらに数日が経ってから、このスタッフさんが辞めたという話を、俺は聞いた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
2018/05/28.Mon

平成27~28年-冬-(25)

 暖冬なのだろうか、俺の住む地域は毎年2月上旬なら雪はけっこう積もるのだが、この冬は雪が少なく、朝晩は冷え込んでも、昼に晴れると日なたはそんなに寒くない。

 もう平成28年(2016年)になっているのだが、なぜか、俺の住む(地方自治体としての)県の「平成27~29年度の認知症行動計画」についてテレビのニュースや新聞で伝えられたので、ホームページに出ていた、その「計画」の文面を読んでみたら…

 認知症の人を介護する職員の待遇改善のことは書かれておらず、(県が)認知症介護の質の向上のためにすることは、職員に研修を受けさせるだけ。

 若年性認知症については、地元の認知症の家族会が申し訳程度にやっている活動を(県が)援助するだけのようだ…


 俺は腰痛が強くなり、シップを貼ってしのいだ。

 俺は風邪の症状も出てしまったが、内科医院を受診して処方された薬を飲んだら、前回ほどひどくならずに済んだ。


 この時期の、俺の住む県内のニュースの中に、県内のある老人ホームで入居者が虐待された、というものがあった。

 全国ニュースでは、桜島の爆発的な噴火、北朝鮮のミサイル発射、東京の特養で若い職員が施設長を刺した、といった大変なことが、立て続けに伝えられた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬
 | HOME | Next »