FC2ブログ
2014/11/01.Sat

消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-再び

 以下の記事は、消費税率が5から8%に上がる前にUPしたものです。

   消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-(1)

   消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-(2)

   消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-(3)

   消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-(4)

   消費税率アップや公的保険の個人負担増の前に-(5)

 最近、8から10%に上げるか上げないかということが話題になっているので、もう一度お読みいただければ、と思います。


 一つ補足しますと…

 消費税率を上げれば財政は安定するかもしれないが、景気を悪化させる可能性があり、上げなければ景気を悪化させずに済むかもしれないが、財政健全化に消極的と見られて国債の価値が下がる等して財政危機に陥る可能性がある、と言われています。

 「上げても上げなくても大変なら、上げた方が良い」という話になっていきそうな気が私(作者oretomo)はしています。

 とはいえ財政健全化のためには、消費税率を上げる以外にも方法があるはずです。

 例えば、極端かもしれませんが、「消費税率は上げないが、その代わり国と地方の議員数を(段階的に)半分に減らす」という選択肢があってもいいと思います。

補足と意見
 | HOME |