FC2ブログ
2018/06/29.Fri

平成28年-春-(8) ネックピロー

 3月下旬、その次の面会でも父親は部屋のベッドで仰向けになっていて、首絞め・首かきを防ぐために俺と母親が買ってきた、程よい大きさで軽いクッションを、介護スタッフさんにことわってから、父親に胸の前で抱えさせてみると…

 苦しそうな表情にはならないが、軽いせいか自分で動かしてしまい、結局、首をつかんだりかいたりするようになって、その力が時々強くなる。

 介護スタッフさんが俺と母親にお茶を持ってきてくれた際、相談して、100円ショップなどで売っているネックピロー(首枕)を家族が買ってきて、試すことになった。

 この数日後から、父親の首回りや、かく手の手首あたりにネックピローをはめるようにしたら、少しは効果があったが、充分には抑えられず、できる限りの見守りなどで対応しながら、試行錯誤が続くことになる。

 皮膚細菌感染症で総合病院に入院する前のように、鎮静剤のような精神薬を父親に飲ませれば、強く首をつかんだりかいたりしなくなるかもしれないが…

 そうすると副作用で、ようやく戻った、口から食べる・飲みこむ能力を弱める可能性などがあるので、俺と母親は精神薬を望まず、介護スタッフさんからも医師からも、精神薬の話は特に出なかった。


 その次に面会した日は、俺と母親が特養に着いた時に、父親は久しぶりに、部屋のベッドに寝ておらず、共同スペースでリクライニング車椅子に座っていた。

 前回まで、食事の時以外は部屋のベッドにいたことを考えると、さらに元気になったと言えるだろう。

 全介助で、ミキサー食とはいえ三食それなりの量を食べられて、トロミ付とはいえ10:00頃と15:00ころにはコーヒーなどを飲めて、部屋の外にいられる時間も長くなり…

 総合病院の入院前とそんなに変わらない生活なのに、入院前と違って「終末期」と診断されていることに、俺と母親は疑問を持つようになった。

 父親は、長袖シャツとスエットパンツを身につけていて、首・肩あたりにはマフラータオルが、腹から足にはバスタオルが掛けられていた。

 また、時々あることだが目ヤニがひどく、そして、トロミ付コーヒーを飲ませてもらった直後だったようで、口まわりが少しベタベタしていた。

 スタッフさんにことわってから、父親をリクライニング車椅子に乗せたまま家族3人で父親の部屋に行くと、父親がいなかったから当然だが、加湿器もラジオもついていなかった。

 俺は、加湿器は動かして、ラジオはつけずにポータブルDVDプレーヤーで歌謡曲番組DVDをかけた。

 俺は、お湯で絞ったタオルで、そっと、できるだけ、父親の目ヤニと口周り汚れを拭き取った。

 父親は、手の動く方向がやや上下になるリクライニング車椅子に座っていると、手が水平に動くベッドで仰向けの時と違い、重力によってか手が首のあたりまで上がりにくいようで、首をつかんだりかいたりすることは、なかった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
2018/06/27.Wed

平成28年-春-(7) 首つかみ対策

 3月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと…

 父親はベッドで、やや横向きの仰向けになっていたが、前回までと違い、頭の下の枕とは別に、枕を胸の前で抱えさせられていた。

 父親が自分の手で首を強くつかむ・かくことへの対策(平成28年-春-(5) 参照)であることは俺も母親もわかったが、その枕は父親にとって大きすぎ・重すぎるようで、少し苦しそうに見えた。

 特養のスタッフさんが俺と母親のためにお茶を持ってきてくれた際、俺が、(父親の)胸の枕が大きすぎ・重すぎて少し苦しそうなので、もう少し小さくて軽い枕かクッションに替えてほしいと頼むと…

 この特養には、もう少し小さくて軽いクッションはあるが、その全てが他の入居者さんたちに使われていたり、共同スペース用だったりして、父親が使えるものは無く、新しいものを買う余裕もないそうだ。

 とりあえず、苦しそうなので枕を外してもらい、他の方法を考えることになった。

 胸の前の枕が外されたら父親の表情は苦しそうでなくなったが、しばらくすると、手の位置が首のあたりに移ってしまった。


 その次の面会では、ベッドで仰向けの父親の胸の上、関節の拘縮がある腕の下に、タオルを丸めて詰めた袋があって、軽いことは良いようで父親は苦しそうでないが、小さすぎて父親が自分で外してしまいそうだ。

 前日にヘアカットしてもらったようで、髪は短くなってスッキリしていた。

 母親は、ヘアカットによる髪クズがついた、リクライニング車椅子のヘッドレストカバー(代わりの枕パッド)を交換し…

 俺は老眼鏡をかけて、父親の耳掃除をして、今回は父親の耳毛がだいぶ伸びていたので、耳・鼻毛シェーバーを使って耳毛シェーブもした。

 父親の部屋はラジオと加湿器がついていたが、俺はラジオを消して、面会中はポータブルDVDプレーヤーで歌謡曲番組DVDをかけた。

 エアコンがついていなくて少し寒かったので、短時間だがエアコン(暖房)をつけた。

 棚の上の「看取りファイル」を読むと、父親に大きな変化や問題はないが、10:00頃と15:00頃の(トロミ付)飲み物について、コーヒーだったのは先日の1回だけで…

 その後はジュースに戻っていて、コーヒーは、その時のスタッフさんの、その時だけの思いつきだったようだ(平成28年-春-(4) 参照)。

 女性の介護スタッフさん二人が来室して、(特養を含む介護)施設のホールで、地域ボランティアの人たちによる歌謡コンサートがあり、家族と一緒に見に行ってほしいと言うと、スタッフさん二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移した。

 父親は、いつもの日中のように、ベッドで仰向けになって布団を掛けられていた時から、長袖シャツ、中は半袖下着シャツ、下はスエットパンツ(中は紙オムツと尿取りパッドのようだ)、そして靴下を身につけていて…

 車椅子に座った後は、腹から足の範囲にバスタオルを掛けられた。

 スタッフさんが退室する際、俺は父親の10:00頃と15:00頃の(トロミ付)飲み物について、できればコーヒーにして、それを続けてほしいと頼んだ。

 俺がリクライニング車椅子を押して、母親がその横についてホールに行き、特養の他の入居者さんたちと一緒に歌を聞いた。

 父親は少し動いたり、眠そうになったりしたが、久しぶりにコンサートの最後まで、つまりお昼近く頃まで、3人でホールにいることができた。

 俺と母親は、父親を特養の共同スペースの、いつも食事をとる場所に移動させて、介護スタッフさんに父親のことを頼んでから、帰った。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
2018/06/24.Sun

平成28年-春-(6) 俺のヘアカット

 3月下旬になると俺の住む地域は、朝晩は少し寒いが日中はけっこう暖かくなり、花粉が多く飛んでいるようで、花粉症の俺は、時々くしゃみが出るようになった。

 俺は、蕁麻疹(じんましん・アレルギー)と花粉症の症状を抑える薬を毎日忘れずに飲み、外出時は必ずマスクをつけるようにした。

 俺は時々、太もも裏などに強めの坐骨神経痛が出た。


 俺は、約2か月ぶりにヘアカットで理容室に行った。

 節約のために、いわゆる1000円カットの店に行った時期もあるが、そのようなところは俺の強いクセ毛にしっかり対応してくれず、すぐに髪形がおかしくなり、月一回は行かなければならなかった。

 俺の髪のクセが強く出ないようにしつつ、約2か月に一回で充分なくらい短くしてくれて、シャンプーなどをしても2000円未満でおさまる理容室を見つけてからは、2か月間で比較すれば節約になっているので、そこに通うようにしている。


 俺も母親も、多めに処方してもらっている目薬が少なくなってきたので、眼科医院を受診した。


 母親は虫歯の治療のために、3月下旬だけで2回、歯科医院を受診して、いつものように俺が自家用車で送迎した。


 母親の高額療養費の手続のために、俺が自家用車を運転して一緒に市役所に行き、その帰りに銀行に立ち寄り、母親が、生活費として使うために定期預金の解約をした。

 それを見た俺は、先日受けたTOEICテストの結果がもうすぐわかるので、わかったらすぐに職探しをしなければならない、と改めて思った。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
2018/06/22.Fri

平成28年-春-(5) ベッドか車椅子か

 3月中旬の次の面会では、俺がラジオ用の新しい乾電池を家から持ってきて、交換してスイッチを入れたら、ちゃんと聞くことができた。

 母親は、家から持ってきたコロコロ(粘着クリーナー)を使い、できる範囲で父親の部屋の掃除をした。

 父親はベッド上で仰向けだが、自分で自分の首をつかんだり、ベッドの端まで来るほど身体を動かしたりして、こういうことが最近は多い。

 身体を動かすのは、帯状疱疹が治ってきて元気になったから、ということもあるだろう。

 首をつかむのは、自分で首を絞めようとしている訳ではなく、腕の関節の拘縮のせいで手の位置が首のあたりになりやすく、そこにある首をつかんでしまっているだけのようだが、力の加減ができないからだろう、強くつかむ時もあって、見ていて少し怖い。

 このことを俺が特養のスタッフさんに相談したら、今の父親は…

 リクライニング車椅子に座らせて共同スペースにいる時間を長くすれば、部屋にいるよりも介護スタッフさんたちの目が届きやすく、そういった点では安心だが、部屋の褥瘡予防マットレスのベッドで寝ているよりは、褥瘡(じょくそう・床ずれ)になりやすい。

 部屋の褥瘡予防マットレスのベッドに寝ている時間を長くすれば、褥瘡という点ではリクライニング車椅子に長時間座っているより安心だが、身体を大きく動かしたり首をつかんでいたりするのを、スタッフさんたちは気づきにくい。

 このようにスタッフさんは説明した上で、「首をつかんでしまう手に何か安全なものを握らせておく、などの対策を考ます」と俺に言った。


 その次の面会では、父親は部屋のベッド上で、手で自分の首をつかんだりかいたり、咳したり頭を浮かしたりと、おちつかずに少し苦しそうに見えた時もあれば、おちついて、笑顔を見せることもあった。

 介護スタッフさんが、俺と母親のためにお茶と丸椅子を持ってきてくれた際に、俺は、父親が3月下旬にヘアカットしてもらえるよう予約してほしい、と頼んだ。

 スタッフさんからは、父親の帯状疱疹について、飲み薬は飲み切って、ほとんど治ったようだが、発疹の痕のようなもの少し残っていて、そこに塗り薬をつけている、という話があった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
2018/06/20.Wed

平成28年-春-(4) 久しぶりのコーヒー

 俺と母親が、父親が帯状疱疹と診断されてから最初に面会した日は、3月中旬に入っていた。

 父親は特養(特別養護老人ホーム)のベッド上で、ほぼ真上向きの仰向けで、自分で身体を動かそうとするが、前回まで程ひどくはなく、完全な横向きにもならなかった。

 自分で身体を横向きにしたくなるほどの帯状疱疹の痛みは、もうないということだろう。

 介護スタッフさんが俺と母親の分のお茶を持ってきてくれた際、父親の帯状疱疹について、「飲み薬を朝夕飲んでいて、症状はおちついてきました」と言った。

 飲み薬といっても、誤嚥のリスクが高い父親に対してなので、粉タイプのをミキサー食に混ぜて、全介助で飲ませて(食べさせて)くれている、ということのはずだ。

 今の父親の飲み薬は、これと、排便を促すためにずっと数日おきに飲んでいる下剤、になる(平成27~28年-冬-(12) 参照)。

 スタッフさんによると、この面会の前日に退院後初めて、(特養を含めた介護)施設のホールでの、特養入居者参加型の歌イベントに父親を連れて行ってくれたそうだ。


 その次の面会の日、俺と母親が、いつもより早く特養の父親の部屋に行くと、父親はベッドで、やや横向きの仰向けになっていた。

 今回の「やや横向き」は、帯状疱疹になる前と同様、褥瘡予防の体位変換によるクッションを使ったものである。

 ラジオはついていなくて、俺がスイッチを入れても音が出ず、電池切れのようだ。

 家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、歌謡曲番組のDVDをかけた。

 介護スタッフさんが来室して、「これから10:00の飲み物を用意するのですが、ここしばらく続けていたトロミ付ジュースでなく、入院前のトロミ付コーヒーにしてみますか?」と言ったので…

 入院前はずっとコーヒーだったし、3月というまだ少し寒い時期であるから、コーヒーにしてほしい、と俺と母親は答えた。

 しばらくすると、スタッフさんが再び来室して、父親のベッドの上半身部を高くして、全介助でトロミ付コーヒーを飲ませて(ゆっくり一口ずつスプーンですくって食べさせて)くれて…

 父親は特にムセることもなく、おいしそうに飲んでくれた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
2018/06/17.Sun

平成28年-春-(3) 最後と決めたテスト

 3月中旬に入り、東日本大震災の発生から5年目の日、俺の住む地域は寒かった。

 最初の大地震の発生時刻が近づくと、俺はTOEIC学習の手を止めて、テレビの追悼番組をつけながら黙とうした。


 母親が虫歯の治療のために歯科医院に行き、いつものように俺が自家用車を運転して送迎し、母親を待っている間、近くのスーパーの休憩スペースで、TOEICの試験直前学習をした。

 母親は、また足を少し引きずるようになった。


 これで最後にする、と決めたTOEIC(平成27年-秋-(12) 参照)の試験日が来て、俺は地元にある大学の会場で受験した。

 もう慣れた老眼鏡のおかげで、問題が読みにくくなることは無かった。

 Part2は、少し悪かったと思う。

 リーディングの数問が「ぬり絵」になってしまったが、前回と比べて少なく、瞬間英作文トレーニングなどで対応速度が速くなったことを、実感できた。

 前回よりスコアアップしたことは間違いないと思うが、スコア800を超えられたという確信は、持てなかった…


 3月半ばになると、俺の住む地域は晴れて暖かくなり、花粉の飛散も非常に多くなったが、その後、少し寒の戻りがあった。


 俺は坐骨神経痛の薬が少なくなったので、整形外科医院を受診した。

 俺が医師に、朝食後の分は毎日、夕食後のは一日おきくらい、というペースで薬を飲んでいて、太もも裏などが時々痛くなるが、それなりにおさまっていることを伝えると…

 「その飲み方で薬を継続し、さらにおさまってきたら朝だけにしてもいい」と医師は言った。


 俺は耳鳴りがほとんど無くなり、その薬を飲むのをやめてみた。


 母親は、高血圧など内科の薬が少なくなったので、かかりつけの内科医院を受診した。

 母親は約2か月ぶりに美容院に行き、いつものように俺が自家用車で送迎した。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-春
 | HOME | Next »