FC2ブログ
2018/09/29.Sat

平成28年-夏-(21) 精神科医師の往診?

 8月中旬の次に面会した日は、俺の住む地域に台風が近づいていて、風が強かった。

 特養の部屋のベッドで父親は、やや横向きの仰向けで、少しだが反応・笑顔を見せてくれて、(苦しそうではない)発声もあった。

 俺は、洗面台にある父親の歯ブラシを、家から持ってきた新しいものに交換した。

 もう父親の日常の口腔ケアは、特養の介護スタッフさんの全介助による、主にスポンジブラシを使う形になっているはずだが、歯ブラシを使うことも時々あるようで、その毛先がだいぶ広がってしまったからだ。

 母親は、先日(俺の)弟から受け取った子どもたち(父親と母親にとっては孫たち)の写真を家から持ってきて、父親に見せてから、部屋の棚にあるフォトスタンドに入れて、そこに入っていた(少し前の)ものは家に持ち帰った。


 その次の面会では、俺と母親が特養に着いた時、父親は部屋のベッドではなく、共同スペースでリクライニング車椅子に座っていた。

 介護スタッフさんに聞いたら、この日は(特養を含む介護)施設のホールで地域ボランティアの人たちによる歌のコンサートがあり、その場に父親もいられそうなので、行く準備として共同スペースに連れてきていたそうだ。

 とはいえコンサートが始まるまで少し時間があったので、俺と母親はスタッフさんにことわって、父親をリクライニング車椅子に座らせたまま、父親の部屋に移動した。

 俺は、ポータブルDVDプレーヤーを使って、父親に少しだけ音楽を聞かせた。

 父親の誕生日が近いので、俺と母親が家で作ってきたバースデーカードを、母親がそれを父親に見せてから、棚に立てかけた。

 コンサートが始まる時間になったので、俺が父親の車椅子を押して、母親がその横で見守りながらホールへ移動した。

 ホールに着いた時、父親のリクライニング車椅子の座面と背もたれが、そのままのだいぶ後ろに倒した角度だと、父親が直接、ホール天井の明るい照明を見てしまうので、近くにいた介護スタッフさんに頼んで、その角度を変えてもらった。

 コンサートが始まってしばらくすると、この施設と提携している精神病院から定期的に来ている医師が、施設の看護師さんと一緒にホールに入ってきて、ホールにいる特養入居者のうち、俺の父親を含む数人を少しずつ見たら、出て行った。

 これが、「精神科の往診」らしい…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
2018/09/28.Fri

平成28年-夏-(20) しゃっくり

 8月中旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと…

 父親はベッドで、やや横向きの仰向けになっており、足腰の関節の拘縮のせいで少し窮屈そうにヒザは曲がっていて、ヒジの拘縮で胸のあたりに手が来てしまうが、その手を(ぎこちないが)動かして、アゴについている食べカスを自分でこすり取ることもあった。

 ラジオがついていて甲子園の高校野球中継が流れていたが、面会中、それを俺は消して、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、父親が好きだった歌謡曲や演歌を多く含む最近のテレビ番組を録画・ダビングしたDVD-RWをかけた。

 エアコンのスイッチが入っていたものの、冷風は出ていなかったが、室温が高くなってくると冷風が出てきた。

 介護スタッフさんが、俺と母親に冷たいお茶を持ってきてくれた。

 父親が身につけているのは、薄手の長袖上着シャツ、その中は夏向けの通気性のよいサーフシャツで、下は薄手のスエットパンツ、その中は紙オムツ+尿取りパッドか布オムツ+オムツカバーのどちらかだろう。

 また、薄手の靴下を履いていて、腹と足にタオルケットが掛けられていたが、エアコンから冷風が出てきて少し寒いくらいになった時は、母親がそのタオルケットを肩まで覆われるようにした。

 母親は、部屋の中に置いているリクライニング車椅子の、父親の姿勢が安定するようにするための(接触冷感)クッションに汚れや臭い(におい)が付いていたので、交換した。

 父親のベッド枕の(クール)枕パッドも汚れていたので、俺が父親の頭を少しだけ浮かして、その間に母親がと交換した。

 いつものようにクッションも枕パッドも、部屋の収納の中に置いていたきれいなものと交換し、汚れた方は家に持ち帰って洗い、なるべく早く持ってくるようにする。

 父親の目ヤニが多かったので俺は、お湯で絞ったタオルで、できるだけやさしく、慎重に拭き取ったが、やはり嫌がられて、少ししかできなかった。


 その次の面会では、父親はベッド上で仰向けの姿勢で、胸の前で、関節が硬くなって曲がりにくい(ほぼ真っ直ぐなままの)指を、もう片方の手で強く握り続けていたので…

 それを俺が少しずつほどくと、父親は握っていた方の手で、自分の首をかいた。

 そのあたりを見ると、食べカスが上着シャツの襟に固まってついていて、それが肌に触れてかゆそうだったので…

 俺はお湯で絞ったタオルで、その首のあたりを拭き、また、襟の食べカスのようなものを拭き取ると、父親はおちついたようだ。

 母親が、家から持ってきたコロコロ(粘着クリーナー)を使って、父親の部屋の掃除をした。

 俺は父親のシェーバーを、ハンドソープを使って水洗いした。

 父親が、しゃっくりをし始めてしまった。

 俺と母親が帰らざるを得ない頃になっても止まらなかったので、介護スタッフさんに父親のしゃっくりが続いていることを伝え、後のことをお願いして帰ったが、その際にスタッフさんから、父親は前日もしゃっくりが長く続いたという話があった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
2018/09/26.Wed

平成28年-夏-(19)

 平成28年(2016年)の8月中旬に入ると、俺の住む地域は少し涼しくなり、家でのエアコン(冷房)は夜寝る直前まで使う必要はなく、日が沈む頃にはエアコンを切ったり、扇風機だけで一日中しのげたりする日もあったが…

 台風が近づいてくると、また蒸し暑さがひどくなり、昼頃から夜寝る直前までエアコンを使う生活に戻ってしまった。

 台風の影響で強い風と雨の日もあったが、俺の住む地域では特に被害は出なかった。

 ただ、俺の腰痛が強くなってしまったのは、この不安定な天気の影響もあるような気がする。


 俺と母親は、台風が近づく前に、お墓掃除・お墓参りをした。

 お盆ということで、(俺の)弟一家が家(弟からすると実家)に来て、仏壇に手を合わせた。

 弟は、最近の子供たちを撮った写真を数枚、母親に渡した。

 俺は弟たちに父親のところにも行ってほしかったが、いろいろ忙しくて、そこまでは無理らしい…


 俺の週三日、一日一人ずつの個別指導塾講師・家庭教師の仕事は、お盆でも、だいたいあった。

 特に高校3年の生徒さんについて、俺は自分の時間を使って、大学受験の英語について徹底的に調べ、それに基づいて受験に向けての指導ができるようになるための俺自身の勉強もしなければならず、相変わらず休みという感じの日・時間は全く無い…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
2018/09/24.Mon

平成28年-夏-(18) お盆休み前のヘアカット

 8月上旬も俺と母親は、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に、週3回くらいのペースで会いに行った。

 父親は自分の部屋のベッドで、やや横向きの仰向けになっていて、目を覚ましていて手を動かしたり、しゃっくりしたりする時もあれば、イビキをかいて眠ってしまうこともあった。


 俺は、オリンピックや甲子園の中継が流れてくるラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、(父親が好きだった曲を多く含む)歌謡曲・演歌の歌番組のDVDをかけた。

 このような歌の方が父親はおちつく感じだし、それに…

 オリンピックや甲子園の中継は、アナウンサーや解説者が急に大声を出す時があり、中継についていけて(中継を理解して)いないだろう父親にとっては、急に驚かされたようなものらしく、表情を曇らせていたので。


 父親は身につけているのは、七分袖の上着シャツ、その中は通気性のよいサーフシャツ、下は薄手のスエットパンツ(その中は紙オムツ+尿取りパッドか布オムツ+オムツカバーのどちらか)、薄手の靴下ということが多く、また、タオルケットが掛けられていた。


 部屋のエアコン(冷房)のスイッチは入っていたが、室内が割と蒸し暑くなっても冷風が出てこなかったり、強い冷風が出続けて少し寒いくらいになったりと、やや安定しない。

 俺と母親は、父親が着ている服の裾をまくったり戻したり、タオルケットが掛かる範囲を腹だけにしたり全身にしたりして、調節した。


 毎回、スタッフさんが俺と母親のために、冷たいお茶を部屋まで持ってきてくれた。


 俺と母親は、汚れの程度などにもよるが、父親の目ヤニを拭き取ったり、口の周りや咥えていた手を拭いたり、ベッド枕のクール枕パッドやリクライニング車椅子のヘッドレストカバー・クッションを交換したりした。

 他に俺は、父親のシェーバーのブラシでの手入れ、歯ブラシ・スポンジブラシ・コップ洗い、連絡用ホワイトボード記入などもした。


 俺は、約一週間後の理容師さんが施設に来る日に、父親のヘアカットをしてもらえるように、予約を入れてほしい旨をホワイトボードに書いたら…

 その日は8月中旬で、理容師さんがお盆休みに入ってしまうからだろう、そう書いた次の面会の日には、父親は既にヘアカットしてもらっていて、髪はスッキリしていた。

 この面会は、ヘアカット後の最初の面会なので、俺は例のごとく父親の耳掃除(平成28年-夏-(2) 参照)をしたら、髪クズは少しだけだったが、耳アカが多く取れた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
2018/09/22.Sat

平成28年-夏-(17) 家庭教師とウソ

 平成28年(2016年)の8月上旬は、リオオリンピックが始まり、「天皇陛下のお言葉」もあった。

 俺の住む地域は日中だけでなく夜も暑くて、家にいる時は、昼頃から夜寝る前までエアコン(冷房)を使わざるを得ない日が多かった。

 節約しなければならないので、俺も母親も家にいる時はなるべく居間にいて、動かすエアコンは居間の1台だけで済むようにして、俺の自分の部屋のエアコンは、夜寝る前の部屋にいる少しの時間だけ使うようにした。

 とはいえ、夕立で少し涼しくなってエアコンを使わず扇風機だけでしのげる、という時もあった。


 俺は、(医療費と通院の自家用車ガソリン代を節約するため)多めに処方してもらっている目薬が少なくなってきたので、眼科医院を受診した。

 医師に、経過観察の継続と言われ、これまでと同じ目薬を処方された。


 お盆の少し前の時期なので、俺と母親は、墓地に行って家の墓の掃除をしたり、同じ市内の最低限の数の親戚にお中元を届けたりした。


 俺の仕事は、個別指導塾講師として2人の高校生に英語を教えているのに加えて、もう1人、高校生に英語を指導することになった。

 今度の生徒さんは、ご自宅(の駐車場)に自家用車で行ける家庭教師として指導できて…

 遠めのコインパーキングに自家用車を駐車して、重い荷物を持って歩いて個別指導塾に行く必要がないので、俺の腰痛と坐骨神経痛を悪化させないで済む、という点では助かる(平成28年-夏-(6) 参照)。

 しかし高校3年生、つまり大学受験生で、部活などで忙しくて高3の夏までほとんど勉強しておらず成績もよくないのだが、国立大学を目指しているので、本人も親御さんも俺に何とかしてほしい(そのレベルまで英語の成績を上げてくれ)、とのことで…

 それだけでも大きなプレッシャーだが、もう一つ、俺にとって苦しいことがあった。

 個別指導塾講師・家庭教師になりたての人間が、このような生徒さんの担当になることは常識的にありえないので、俺は、自分の経歴はあまり語らずに、俺が働いている事業所が俺のことをどのように紹介したのか、それとなく生徒さんと親御さんに聞いてみた。

 すると、俺について「指導経験が豊富で、この仕事を何年もしており、大学受験生の指導経験も充分にある」と俺が働いている個別指導塾・家庭教師派遣の事業所から言われたそうだ。

 俺は、医療・介護・福祉にかかわる仕事・活動をしたかったが…

 公共のメディアや場で平然とウソをついて地域を苦しませている人々とかかわらない(そういう人々からの強要・脅迫を避ける)ようにするには、医療・介護・福祉の仕事・活動をあきらめるしかなかった(平成26年-夏-(11) 参照)。

 しかし、それでも、生きて・働いていくために、40代半ばになっていたものの、医療・介護・福祉と直接関係ないことを懸命に勉強して、今の仕事に就いたのだが…

 結局、ウソまみれで働かされている。

 ウソとかかわらずに働くために努力して、ウソまみれで働いているという、矛盾だ。

 決まってしまった以上、この生徒さんのために俺は精一杯できることをするし、“公共のメディアや場での、多くの人を苦しめる”ウソではないから、まだまし、と思うしかないが、やはり矛盾に対する悩みとウソをついている後ろめたさは、残り続けた…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
2018/09/21.Fri

平成28年-夏-(16)

 7月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと、部屋のエアコンのスイッチが入っていて、室温が高くなってくると冷風が出てきた。

 いつものように俺は、ついていたラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、父親が好きだった歌謡曲や演歌を多く含むテレビ番組を録画・ダビングしたDVD-RWをかけた。

 父親は、上半身部が少し高くなっているベッド上で、やや横向きの仰向けだったが、さらに横向きになろうとしたり、頭を枕から浮かそうとしたり、(関節の拘縮でぎこちないが)手で自分の首をつかむなど、けっこう動いた。

 介護スタッフさんが、俺と母親に冷たいお茶を持ってきてくれて、母親が受け取った。

 父親の目ヤニが多かったので、俺は、お湯で絞ったタオルで、やさしく、できるだけ拭き取った。

 また、父親の手の爪の一部が尖っていたので、俺は老眼鏡をかけて、そこだけ爪ヤスリで削った。

 収納の中に置いといた除湿剤(タンクタイプ)の中身が、多量の水だけになっていたので、母親が家から持ってきた新しい物と交換した。


 7月下旬の、その後3回の面会では、部屋のベッド上の父親は、動きが少なく・小さく、おちついていた。

 俺と母親が、棚の上の「看取りファイル」を読むと、この期間に、ムセであまり食べられなかった食事が1回あったが、特に大きな問題・変化はなく、おやつでアイスクリームを食べられたという、うれしいことも書いてあった。


 その次の、7月末の面会では、俺と母親が父親の部屋に入った時、父親はベッド上でほぼ横向きで、何かを嫌がっているように小さな声を出していた。

 よく見ると、少し前の10:00頃に介護スタッフさんから飲ませてもらった(トロミ付)コーヒーの、飲みこめずに口の中に残っていた分のようだが、父親が真横向きなので口の端から枕に垂れ落ちて…

 クール枕パッドの一部と、そこに接している父親の頬のあたりを濡らしていた。

 俺と母親が二人がかりで、父親の顔を拭きながら、濡れて・汚れていたクール枕パッドを乾いた・きれいなものに交換したら、父親は嫌がるような声を出さなくなり、笑顔も見せてくれた。

 父親が身につけているのは、全前開きタイプの七分袖の上着シャツ、その中は通気性のよいサーフシャツ、下は丈が短めのスエットパンツで、その中は紙オムツと尿取りパッドと思われ、また、薄手の靴下を履いていた。

 タオルケットは腹と足にかかっていたが、部屋のエアコンから出てくる冷風がけっこう涼しいので、母親が、肩までかかるようにした。

 父親の鼻毛と耳毛が伸びていたので、俺は家から持ってきた鼻毛・耳毛用シェーバーを使って、父親の耳毛と鼻毛のシェービングをした。

 俺は父親の(部屋に置いてあるヒゲ剃り用)シェーバーを、ハンドソープを使って水洗いして、窓際で乾かしておき、帰る前に組立てて、シェーバーオイルをつけた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏
 | HOME | Next »