FC2ブログ
2018/10/31.Wed

平成28年-秋-(13)

 10月上旬の次の面会では、俺と母親が父親の部屋の前に来た時、介護スタッフさんが部屋から出てきて、オムツ交換を終えたところだと言った。

 俺と母親が部屋に入ると、父親はベッドでやや横向きの仰向けになっており、首の横と、そこにくっつく上着シャツの襟のところが汚れていて、こぼれた食べカスが固まった汚れのようだ。

 父親は前日にヘアカットしてもらったようで、髪はスッキリしていた。

 俺は、お湯で絞ったタオルで、父親の汚れていた首回り、そして(なるべく濡れないように)シャツの襟を拭いた。

 母親は、部屋の中にある父親のリクライニング車椅子の、ヘッドレストカバー(代わりの枕カバー)を交換した。

 女性の介護スタッフさんと男性の介護スタッフさんが来室して、二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移して、退室した。

 この後、(特養を含む介護)施設のホールで地域ボランティアの人たちによる合唱コンサートがあるので、家族で聞きに行ってほしい、ということだ。

 ヘアカットしてから最初の面会だったので、俺が老眼鏡をかけて、LEDライト付き耳かきを使って手早く、リクライニング車椅子に座っている父親の耳掃除をしたら、やはり、身体が横に傾きがちなことによってやや上向きになる側の耳から、髪クズが少し取れた。

 ベッドの枕カバーに、けっこう髪クズがくっついていたので、母親がきれいなものに交換した。

 それから、俺が父親の車椅子を押して、その横で母親が見守りながらホールへ移動して、コンサートを聞いた。

 父親は、少し咳をしたりうなったりしたが、全体的にはおちついていた。

 コンサートが終わって、3人で特養の父親が入居しているブロックに戻ると、昼食に近い時間になっていたので、スタッフさんに話した上で父親を、共同スペースの、いつも食事をとる場所に移動させた。

 俺と母親は、父親の部屋に行って片付けをして、俺は連絡用ホワイトボードに、父親のヘアカットをしてもらったお礼と、ベッドの枕の枕パッドについて、もう暑くないので接触冷感の面ではなく、そろそろ裏のタオル地の面を使ってほしい旨を書いた。


 その次の面会では、父親は部屋で、上半身部分をけっこう高くされた、下半身部分も高めのベッドで仰向けになっていて、目ヤニが多かった。

 父親が身につけているものについて、全前開きタイプの薄手の長袖上着シャツ、その中のサーフシャツ、薄手の靴下などはこれまでと同じだが、下は薄手ではない(春)秋物のトレパンになり、また…

 タオルケットだけではなく、その上に重ねて、腹と足の範囲に布団も掛けられるようになっていた。

 俺は、お湯で絞ったタオルを使って、父親の目ヤニをできるだけ拭き取った。

 父親の部屋の棚にあるBOXティッシュの残量が少なくなっていたので、この日に母親は、新しいのを家から持ってきた。

 俺と母親は時々、家から少しずつ父親の秋物衣類を持ってきて衣装ケースに入れて、その分だけ入りきらなくなった夏物を家に持ち帰っている。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
2018/10/29.Mon

平成28年-秋-(12) 施設の祭り2016

 10月の最初の面会は、父親が入居している(特養を含む介護)施設の、年一回の祭りの日だった。

 俺と母親が、昼過ぎに施設に着いた時には、施設の建物の外にも中にも祭りの店が出ていて、ほぼ準備は終わっている感じだった。

 それらを横目に見ながら父親の部屋に行くと、父親はベッド上で、(関節の拘縮や背骨の湾曲で縮こまった感じの)仰向けになっていた。

 ほどなく介護スタッフさんが来室して、父親のオムツ交換をするので部屋の外で待っていてほしい、とスタッフさんに言われた俺と母親は、オムツ交換の間、父親の部屋の前の廊下で待っていた。

 スタッフさんが退室した後、俺と母親は部屋に入り、俺は、ついていたラジオを消して、祭りの日だからだろう、廊下の天井のスピーカーから祭りっぽい演歌が流れていて、父親が好きだった曲もあるので、それが父親に聞こえるように部屋のドアを開けた。

 母親は、部屋の真ん中にある父親用のリクライニング車椅子の、ヘッドレストカバー(代わりの)枕パッドを交換した。

 男性介護スタッフさん2人がそろって来室して、父親をベッドからリクライニング車椅子に移すと、他の入居者さんの部屋に行った。

 特養の、このブロックには男性スタッフさんは2人しかおらず、男手・パワーという点で貴重だから、できるだけ毎日1人は男性スタッフさんが働くようにしているらしく、その上、昼勤と夜勤など勤務時間帯のズレがあるのだろう…

 その2人がそろっているのを見るのは、このような大きな行事の時くらいかもしれない。

 一般の人々が施設に入ってくる前の、施設の入居者・利用者とその家族だけが参加できるプレオープンの時間になったので、俺が父親の車椅子を押して、その横に母親がついて父親を見守り、3人で祭り会場をゆっくり回った。

 父親の飲みこみ能力が落ちているので、今回は、俺と母親が祭りで売られている飲み物や食べ物を買い、父親に飲ませたり食べさせたりすることは、誤嚥リスクが大きくて、できなかった…


 その次の面会は、いつものように午前中で、父親は部屋のベッドで(体位変換によるクッションを使っての)やや横向きの仰向けになっていた。

 父親が身につけているのは、薄手の上着長袖シャツ、その中はサーフシャツ、下は薄手のスエットパンツ、その中は紙オムツと(男女兼用)尿取りパッドだろう。

 また、薄手の靴下を履いていて、タオルケットは腹と足にかかっていた。

 俺は、ついていたラジオを消して、家族3人で父親の部屋にいた間は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーで演歌・歌謡曲番組を録画したDVDをかけた。

 女性の介護スタッフさん2人が来室して、父親をベッドからリクライニング車椅子に移し、施設のホールで地域ボランティアの人たちによる合唱コンサートがもうすぐ始まることを俺と母親に話してから、退室した。

 母親が、ベッドの枕パッドに、乾いているが大きな汚れがあることに気づいて、部屋の収納の中にあったきれいなものと交換し、このような時いつもしているように、汚れていた方は家に持ち帰って洗濯し、また持ってくることにした。

 俺が父親の車椅子を押して、その横に母親がついてホールへ移動し、ステージを扇形に囲んでいる特養入居者さんたちの横で父親の車椅子のブレーキをしっかりかけてから…

 俺はホール備品の椅子2つを父親の両隣に運び、その椅子に俺と母親が座って、3人でコンサートを聞いた

 父親は、より(まだ)動く方の手で自分の服を掴むなどしたが、全体的にはおちついていて、コンサートの最後までホールにいることができた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
2018/10/28.Sun

平成28年-秋-(11) 雨樋と屋根

 平成28年(2016年)の10月上旬になると、俺の住む地域は、日中に晴れても「暑い」ではなく「暖かい」という穏やかな天候になった、ようだ。

 なぜ「ようだ」なのかというと、自律神経がおかしくなってからの俺は、身体が熱くなりやすく、気温が捉えにくくて、天候については母親など周囲の人たちから聞く話、地元のニュースなどを基に推測しているからだ。

 身体が熱くなると顔や手が赤くなり、週3日の個別指導塾講師・家庭教師の仕事中に、生徒さんの前で少し緊張しただけでも、そうなってしまい…

 「俺の顔や手が赤くなっているのを見て、生徒さんは不審に思っているのでは」と考えて、さらに緊張し、さらに身体が熱く、顔や手が赤くなるという悪循環…

 その他の、食欲不振・疲れやすい・不眠などの症状も、薬を飲む前より少しはまし、という程度で、たいして改善しておらず、その中でも不眠からくる日中の眠気が、一番つらい。

 食欲不振については、食べたくても食べられないし、残すのはもったいないので、食事を作ってくれている母親に頼んで、俺の食べる量を減らしてもらったが…

 以前と比べてだいぶ少なくなってしまい、こんなに少なくて本当に大丈夫なのか、と母親に心配させてしまっている。


 先月に母親と俺が受けた市の健康診断の結果が家に届き、俺のを見たら、受けた頃には食欲不振になっていたので、昨年と比べて体重はだいぶ減ったが、それ以外は「要指導」があるものの昨年より良いくらいで…

 健診を受ける以前からの俺の身体の不調は、肉体的な原因ではないことが、はっきりした。


 ここしばらく俺は、自律神経の不調による症状に加えて、片方の太もも付け根の痛みが続き、シップを貼ってもほとんど効かないので、坐骨神経痛の悪化と判断するしかなく…

 朝食後は毎日で夕食後は数日おき、に減らしていた坐骨神経痛を抑える薬を、やむを得ず夕食後も毎日飲むことにした(増やした・戻した)。


 我が家の雨樋(あまどい)のあちこちがサビて穴が開いてしまい、さすがに修理してもらうしかなくなり、業者さんに頼んだら…

 サビが屋根からきているので、屋根のサビ取り、全体の塗り替えも一緒にしないと、またすぐにサビるとのこと。

 俺が自分の目で屋根を見て確認したところ、確かに屋根も所々サビていて、そのサビが雨樋のサビとつながっていたので、屋根と雨樋、両方の工事を業者さんに頼むしかなかった。

 しかし、節約しなければならないので、できるだけ安くしてほしいとも業者さんに頼んだところ、他の現場での大きな工事の合間に、数日おき、不定期に来て工事してもよければ、安くできるとのこと。

 そうしてほしいと俺が言ったら、業者さんが我が家に来て作業したのは、実際に数日おき、不定期に合わせて7日ほどで、結局10月の初めから下旬までかかった。

 下見、仮説トイレの設置や撤去に来た日なども含めると、作業日数は10日ほどなのに、9月下旬から10月末までかかったことになる。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
2018/10/26.Fri

平成28年-秋-(10) やや横向きの仰向け

 9月下旬の次の面会では、俺と母親が父親の部屋に入った時、父親は部屋のベッドで、ほぼ真横向きになっていて、ヨダレが口の端から垂れて口周りや枕パッドを汚していた。

 俺と母親が二人がかりで、父親の口まわりを拭き、枕パッドを交換した。

 父親のシェーバーの刃が1~2年、ほぼ毎日使われて剃り味が悪くなっていたはずなので、俺は新しい刃に交換して、シェーバーオイルをつけた。

 介護スタッフさんが俺と母親に、天候に合わせてくれたのだろう、もう冷たいものではなく、温かいお茶を持ってきてくれた。

 その際に俺はスタッフさんに、シェーバーの替え刃のことを伝えた。

 父親のヒゲ剃りをしてくれる介護スタッフさんが、剃り味が変わって疑問に思うかもしれないので、念のために。


 その次の面会では、父親に発声があって、俺と母親が父親の声を聞いたのは、久しぶりだ。

 父親の髪がだいぶ伸びたので、俺は連絡用ホワイトボードに、10月上旬にヘアカットの予約を入れてほしい旨を書いた。

 介護スタッフさんが、俺と母親にお茶を持ってきてくれた際、10月に予定されている、父親を担当しているスタッフさんたちの大部分が集まる約半年に1回の会議のことを、俺と母親に伝えた。


 しばらく曇りや雨の天気が続いていたが、その次の面会した日は、久しぶりにスッキリと晴れた。

 父親は、部屋のベッドで、やや横向きの仰向けになっていて、けっこう手・腕を動かした。

 「やや横向きの仰向け」とは、褥瘡(じょくそう、床ずれ)を防ぐための体位変換によるものであり、関節の拘縮が強い父親は、窮屈そうに脇が閉まっていて、ヒザは伸びずに曲がったままなので…

 身体を横向きにしておくための(三角)クッション、関節の拘縮に対応するために脇の下や足の間に挟んでおくクッションなど、常に複数のクッションが使われている。

 俺と母親は、介護スタッフさんと、10月にある施設の祭りに、どのように父親と参加するかを話し合った。

 今年もプレオープンの時間帯に家族3人で、可能な範囲で、ということになった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
2018/10/24.Wed

平成28年-秋-(9)

 9月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の部屋に行くと…

 父親は、上半身部分を少し高くされたベッドで、やや横向きの仰向けになっていて、涙まじりの目ヤニが多く、また、指をくわえていた。

 俺は、(父親の部屋の洗面台の蛇口から出る)お湯で絞ったタオルを使って、できるだけ父親の目ヤニをできるだけ拭き取ったり、ゆっくりと父親の指を口から出して、口まわりとその指を拭いたりした。

 それから俺は、ついていたラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使い、父親が好きだった歌謡曲や演歌を多く含む最近のテレビ番組を録画・ダビングしたDVD-RWをかけて、帰る時に、またラジオをつけた。

 窓が大きく開いていたが、涼しいというより少し寒いくらいなので、母親がほぼ閉めた。

 また母親は、リクライニング車椅子で父親の姿勢を保つために使われているクッションを、接触冷感の夏物から、(春)秋物に交換した。

 俺は、いつものように父親のシェーバーのブラシでの手入れ、歯ブラシ・コップ・スポンジブラシ・指ガード洗い、連絡用ホワイトボード記入などをした。


 その次の面会では、父親は部屋のベッドで、やや横向きの仰向けになっていて、最初は片手を少し動かしていたが、徐々に眠そうになり、やがてイビキをかいて眠ってしまった。

 父親が身につけているのは、薄手の長袖上着シャツ、その中はサーフシャツで、下は薄手のスエットパンツ、その中は紙オムツ+(男女兼用)尿取りパッドか布オムツ+オムツカバーのどちらかだろう。

 また、靴下を履いていて、タオルケットは胸から足(の範囲)に掛けられていた。

 母親が、家から持ってきたコロコロ(粘着クリーナー)を使って、できる範囲で父親の部屋を掃除した。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
2018/10/22.Mon

平成28年-秋-(8) 自律神経の薬や眠剤、皮膚の薬

 平成28年(2016年)の9月下旬、俺の住む地域は雨や曇りの日が多かった。

 俺は、食欲不振、疲れやすい、不眠、(風邪でもないのに)身体が熱くなる、等の症状に対して、処方された自律神経の薬や眠剤を飲むようになった(平成28年-秋-(5) 参照)が、少しましになった程度で、ずっと症状が続いていて、きつい…

 それでもなんとか、父親と母親のためにすべきこと、週3日の個別指導塾講師・家庭教師の仕事、その仕事のための勉強は、きついけれども、やっている。


 俺は、皮膚の問題で処方されている薬が少なくなったので、皮膚科医院を受診した。

 春から夏にかけて受診した時と同じ蕁麻疹(じんましん・アレルギー)の飲み薬や顔の肌荒れの塗り薬の外に、今回は、しもやけ・冷えを抑える漢方薬や、しもやけを治す塗り薬を処方してもらった。

 ずっと通院しているこの皮膚科医院の医師に、俺はある程度だが家の事情を話し、節約する(通院回数を減らす)ために、多めの2か月分くらいの薬を出してもらっているので、次の受診は11月下旬まで先延ばしにできるのだが…

 11月中旬には、しもやけ・冷えの薬を使い始めたいので、すぐ必要ではないが処方してもらった、という訳だ。


 母親は、高血圧などの薬が少なくなったので、かかりつけの内科医院を受診して、これまでの薬を継続するよう医師に言われたそうだ。

 この内科医院は徒歩での往復は厳しいが、そんなに遠くないし、気候が穏やかな時期で、その日は天気もよかったので、母親は一人で自転車に乗って行ってきた。


 お彼岸に俺と母親は、お墓掃除とお墓参りをした。

 このお墓参りも、父親との面会はもちろん、日常の買い物や(母親のほとんどの)通院も、俺が自家用車を運転して母親を連れて行くしかない状況は、ずっと続いている…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋
 | HOME | Next »