FC2ブログ
2014/12/08.Mon

もうすぐ衆議院選挙の投票日

 衆議院選挙の投票日が近づいてきましたので、私(作者oretomo)の選挙に対する意見を改めて述べさせていただきます。

 私は特に支持政党はないので、選挙のたびに、民主主義の原則に基づいて、現状に充分満足していれば与党に、そうでなければ野党に投票したいと考えています。

 ただ、いつも困るのは、野党を野党と言えるのか疑問に思われることです。

 私は地方に住んでいますので、一般的にも言われるように地方自治は都会に比べてとても身近なのですが…

 私が住んでいる県もご多分にもれず、県知事や多くの市町村長が(国政における)与野党(多く)の相乗りで当選し、議会もほぼオール与党です。

 それでうまくいっているなら良いのですが、地方自治でなんとかなる範囲でも、借金は増えることはあっても減ることはほとんどなく、本当に困っている・苦しんでいる人々が必要としている福祉を中心とした行政サービスは不足していたり、削られたり、問題が起きたりといった話が尽きません。

 ですから、国政における野党も(与党とは違う立場の)野党とは捉えにくく、また、野党の人が当選しても身近なことが良くなると思えなくて…

 現状に大きな不安や不満があったとしても、野党に投票しようという意欲が削がれてしまうのです。

補足と意見