FC2ブログ
2015/05/30.Sat

平成26年-春-(1)

 3月後半になると、この地域もだいぶ春らしくなった。
 まだ、何度か寒の戻りはあるだろうが。

 この時期も俺(44歳)は週2回くらい母親(69歳)と一緒に、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親(72歳)に会いに行った。

 気温の変化に注意しながら、父親の春物の衣類を家から少しずつ持ってきて、特養の父親の部屋の押入や衣装箱にある真冬向けの衣類を少しずつ家に持ち帰ることにした。


 俺と母親が訪れる時、父親はだいたい特養の共同スペースの片隅にあるソファで、眠そうに、横に傾きがちに座っていることが多い。

 その横には小さなテーブルがあり、CDプレーヤーが載っていて、俺が持ちこんだ、かつて父親が好きだった曲が入ったCDがかかっている時もある。

 この時期の面会では、父親がそのCDに反応を見せることがあった。


 面会が、看護師さんによるリハビリと重なることがあった。

 まずは歩行訓練で、短い廊下を往復するだけなのだが、父親を看護師さん二人が前後で支えながら、という大変さだ。

 父親が少し抵抗する感じもあったので、俺も手伝った。

 次に、2~3人がかりでモジュール車椅子に父親を座らせてから、看護師さんの一人が、肩回しなどのストレッチやマッサージをしてくれた。

 父親の関節の拘縮はあいかわらずで、悪くならないようにする、維持するのが精一杯のようだ。


 消費税率が5%から8%になったことにより、その分、特養の料金も上がって、それに伴う書類の提出などがあった。

 大きな増額ではないとも言えるが、先の見えない生活をしている俺にとっては経済的にも精神的にも、きつい…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  
平成26年-春