FC2ブログ
2017/10/21.Sat

平成27年-春-(1) あの日から4年

 平成27年(2015年)の3月中旬は、追悼から始まった。

 東日本大震災の最初の大地震から4年目の日、俺(45歳)はTOEIC学習を中断して、テレビの追悼式典を見て、地震発生時刻に黙とうした。

 亡くなった人やその家族のために、今の俺ができることは、これだけだ…


 俺の下腹の痛みは、薬を飲んでいる間はだいたい治まっていたが、処方された一週間分を全部飲み切ってほどなく、痛みが元に戻ってしまった。

 この痛みがテスト中に出たら困るので、俺は内科医院を受診した。

 俺は医師から、前回と同じ薬を二週間分出すので様子を見て、この薬でそれなりに痛みが治まるなら大きな心配はない、と言われた。

 この薬を飲むようになって数日後、薬が効いてきたのか下腹の痛みはほとんど出なくなったが、その一方で相変わらず、耳鳴りが時々出る…


 父親が入居している特養から、父親の先月分の請求書や生活記録が届いた。

 2月の父親は、全体的にはおちついていたようだが、生活記録のところどころで食事中のムセについて書いてあるのが、少し気になった。


 ある日の夕方、何気なくテレビの地元ニュースを見ていたら、俺が住む県の若年性認知症をテーマにしたドキュメンタリー番組の授賞式の様子が映っていた(平成26~27年-冬-(5) 参照)。

 俺を取材した担当者がそこにいて、「本人と家族に寄り添った取材をしていく」と語っていたが…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27年-春