FC2ブログ
2018/02/28.Wed

平成27年-秋-(13) DVD-RW

 10月中旬も俺と母親が、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行くと…

 父親は、特養の(父親の部屋があるブロックの)共同スペースで、リクライニング車椅子に少し浅く(下にズレて)座っていた。

 眠そうで、目ヤニが多い。

 父親が身につけている物は、長袖の上着シャツ、その中はサーフシャツ、下はトレパン、その中はリハビリパンツと(男女兼用)尿取りパッドだろう。

 足元は靴下と内履き(リハビリシューズ)で、腹から足にかけてバスタオルが掛けられていた。


 俺が一人で先に父親の部屋に行って、家から持ってきた荷物を整理していたら、母親がリクライニング車椅子を押して、父親を部屋に連れてきた。

 介護スタッフさんが、父親の分のトロミ付コーヒー、俺・母親の分のお茶を持ってきてくれた。

 その際、スタッフさんと俺の二人がかりで父親を、リクライニング車椅子に深く座らせ直した。

 わりと大きく後ろに倒していたリクライニング車椅子の座面と背もたれを、できるだけ立てて、両側から父親のヒザ裏を持つという方法で。


 スタッフさんが退室した後、俺は家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、テレビの演歌・歌謡曲番組を録画・ダビングしたDVD-RWを、父親に見せた。

 いつものことだが、「見せた」といっても、プレーヤーの画面を父親の顔に向けているということで、父親がどれだけ見ているか、音声だけでも聞いているかどうかさえ、わからない…

 それでも俺は、できるだけ父親に新しい刺激を与えたいと思い、家で、父親が好きだった演歌・歌謡曲が多く歌われるテレビ番組を探し、なるべくたくさんの番組を録画・ダビングして…

 面会では、毎回違う番組(時間が長い番組の場合は同じ番組でも違う部分)が父親の部屋に流れるようにしている。

 正直、この録画・ダビングは大変だが…


 母親が全介助で父親にコーヒーを、スプーンですくって一口ずつ、飲み込んだのを確認しながら飲ませた(トロミが強いので、食べさせた?)ら、父親は特にムセもなく、全量を飲んでくれた。

 いつものように、俺は父親の顔拭き、目ヤニ拭き取り、頭拭き、車椅子ヘッドレストカバー代わりの枕パッド交換、シェーバーの手入れ、歯ブラシ・コップ洗いなどをした。

 先日、俺の弟から受け取った、弟の子供(父親にとっては孫)たちが写っている新しい写真を父親に見せたが、特に反応はなかった…

 母親が、棚にあるフォトフレームの中の写真を、その新しいのに交換した。

 父親は面会中、徐々に歯ぎしりがひどくなった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27年-秋