FC2ブログ
2018/03/12.Mon

平成27年-秋-(19) 二人部屋での最後の面会

 平成27年(2015年)の11月上旬になると、俺の住む地域は寒くなってきて、冷たい雨が降る日もあった。

 俺と母親が住む家の雨樋が、古くなって何カ所かに穴が開いてしまい、雨が降ると、そこから漏れ落ちてくるようになった。

 家そのものが、それなりに古くて、屋根も外壁も塗り替えた方がいいと言われるようになっているのだが、そんな余裕はないので…

 業者さんに頼んで、雪が本格的に降る前に、最低限の雨樋修理をしてもらうことにした。
 雪は、さらに雨樋を痛めてしまうので。


 俺と母親が、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行くと…

 父親は、共同スペースの片隅でリクライニング車椅子に座っていて、少し前に口腔ケアを受けたようだ。

 眠そうで、目ヤニが多い。

 横への傾きも大きかったが、俺と母親の二人がかりで深めに座らせ直したら、だいぶ改善された。

 父親が身につけている衣類は、長袖シャツ、その中はサーフシャツ、下は厚手のスエットパンツ、その中はリハビリパンツと(男女兼用)尿取りパッドだろう。

 足元は靴下と内履き(リハビリシューズ)で、腹から足にかけてバスタオルが掛けられていた。

 少し寒そうなので、俺と母親は二人ががりで、父親の関節の拘縮などにも注意しながらベスト(チョッキ)を着せた。

 父親が座っている車椅子を俺が押し、母親がその横について、二人部屋の父親のスペースへ移動すると、俺はポータブルDVDプレーヤーに歌謡曲番組のDVDをかけた。

 介護スタッフさんが、父親の分のトロミ付コーヒーと、俺・母親の分のお茶を持ってきてくれた。

 俺はそのスタッフさんにことわってから、備品室の丸椅子一つを部屋に運んで、母親に使ってもらった。

 母親が、トロミ付コーヒーをスプーンですくって、父親に飲ませた(食べさせた)。
 一口一口、父親が飲み込んだのを確認しながら。

 父親は眠そうで少し時間がかかったものの、特にムセることもなく全量を飲んでくれた。

 俺は父親の顔拭き、目ヤニ拭き取りをしてから、クッションを使って一時的に父親の頭を車椅子のヘッドレストから浮かせて、頭拭き、ヘッドレストカバー代わりの枕パッド交換をした。

 いつものように顔拭き、目ヤニ拭き取り、頭拭きは家から持ってきた、それぞれ別のタオルを使い、お湯で絞ってから、やさしく慎重に拭いて、使い終えた3枚のタオルは家に持ち帰って洗濯する。

 俺は、父親のシェーバーのブラシでの手入れ、洗面台にある父親のコップ・歯ブラシ洗いなどもした。

 俺と母親は、カップ・茶碗・丸椅子などを返却し、父親を共同スペースに誘導して、父親に声をかけてから、帰った。

 この二人部屋での面会が、この日で終わりになるとは、俺も母親も全く思っていなかった…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27年-秋