FC2ブログ
2018/03/30.Fri

平成27年-秋-(28) 特養を退去

 11月中旬の次の面会で、俺と母親が、父親が入院している総合病院の病室に着いた時、父親はベッド上で、少し横向きの仰向けになっていて、ベッドの周りの張り紙からすると、この日の午前中に(全介助で)入浴したらしい。

 足から点滴中なのは、父親の手や腕が、入院してから何度も点滴の針を刺されて、刺すところが無くなってきたからだろう。

 それ以前に、手も腕も足も関節の拘縮があるので、点滴の針を刺す場所が限られてしまうらしい。

 看護師に父親の現状を聞くと、食事は昼だけ(ジェルくらいのやわらかいもの)で、全部を食べられない時もあるが、特にムセはなく、37度台前半の微熱があるものの、大きな問題は無さそう、とのことだった。


 その次の面会では、俺と母親が父親のいる6人部屋の病室に入ると、父親はベッドで仰向けになったまま、PT(理学療法士)のリハビリ(マッサージ)を受けていた。

 父親の足は、このリハビリを受ける前よりは、伸びるようになっている。

 脇の下にピッタリくっついたままのようになっていた腕も、そこまで窮屈ではなくなってきた。

 父親は午前中に(全介助の)シャワーだったようで、入浴やシャワーの後は顔周りなどがきれいになり、それはいいのだが、洗濯物が多く出るので、持ち帰るのがしんどい。

 頭の下(枕の上)にアイスノンのようなものが敷いてあるが、父親は熱っぽい感じではなく、頭を自分で上げようとするくらい元気だった。

 この日は手から点滴中で、手の甲のあちこちにある点滴あざ(点滴の針を刺したところに残る内出血)を見ると、俺も母親も、つらい…


 11月中旬の、父親との面会に行かなかった日の俺は、父親が入居していた特養(特別養護老人ホーム)に行った。

 父親が、一時的だとしても特養を退去することになり(平成27年-秋-(25) 参照)、父親の私物を引き取る必要があったからだ。

 俺が事前に電話してから特養に行くと、受付のところに、すでに父親の私物が手押し台車の上にまとめて置かれていて、その台車で、特養の駐車場に停めていた自家用車のところまで運んで、台車の上の物を自家用車に積んで、台車を返してから帰宅したが…

 家で整理しながら確認すると、足りない物があったり、別の入居者の物が混じっていたりしたので、その対応で、また特養に行った。

 二度手間になったが、この2回目の際に、父親が経管栄養や胃ろうをせずに退院しても、また特養は受け入れてくれると確認できたことは、よかった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27年-秋