FC2ブログ
2018/04/30.Mon

平成27~28年-冬-(12) 精神科の薬は中止

 12月中旬の、その次の面会では…

 俺と母親が父親の部屋に行くと、父親はベッドでやや横向きの仰向けになっていて、手からの点滴中だった。

 布団と服から出ている手や腕を見ると、相変わらず点滴あざが目立つ…

 ベッド近くの部屋の壁に、前回はなかった「体位変換スケジュール表」が貼ってあり、父親がほとんど寝たきり状態であることを、はっきりと示していた。

 父親は時々、うなったり咳をしたりしたが、前回よりは元気そうに見えた。


 精神科の医師が(特養を含む介護)施設の看護師さんと、往診で来室した。

 父親を見た医師は、俺と母親に、「こういう状態なので、精神科の薬は中止します」と言った。

 だいぶ弱っているので、精神薬をやめても異常行動などが出るとは思えず、精神薬の副作用で、さらに弱らせている可能性もあるから、ということらしい。

 総合病院に感染症で入院する前、入院中と飲み続けていた精神薬(平成26年-秋-(9) 参照)はなくなり、飲み薬は下剤だけになった。

 とはいえ、このような(弱った)状態になったのは入院中であって、この精神科の医師と、父親が入院していた(精神科の医師が普段いる病院とは別の)総合病院の泌尿器科が専門の担当医師と入院中に連絡を取り合っていたら、精神薬をやめていたはずだ。

 やめなかったのだから、入院中は連絡を取り合っていなかったことになる。

 それはそれとして、精神薬には身体の動きや働きを悪くしたり、元気がなくなったりする副作用があるので、精神薬を飲まなくなることによって、父親の元気や食べる力、意欲が出てくるのでは、という希望が持てた。


 往診が終わって医師たちが退室した後、久しぶりに俺はポータブルDVDプレーヤーを使って、歌謡曲番組を父親に見せて・聞かせてみたら、少しだが反応があったように見えた。

 父親の手の爪の一つが尖っていたので、俺は家から持ってきていた爪切りでそこを切って整えたが、父親の手が震えるし、その手を強く掴む訳にもいかないので、大変だった。


 さっきと違う看護師さんが来室して、家族に話があるというので、俺と母親は部屋の前の廊下で聞いた。

 今の父親は、ほんのちょっとしか(口から)食べられず、栄養を考えてもう少し口に入れても、ちゃんと飲みこめなくて食後に痰の吸引器で吸引せざるを得ず、そうすると父親はとても苦しそうなので…

 内科の往診医師からの指示で、点滴を一日に2本、食べさせるのは数口のジュースゼリーだけにしたいのだが、家族はそれでよいか、という話だった。

 俺は父親を苦しませたくないので、点滴についてと「数口だけ」は了承したが、同じ“甘いものを数口だけ”ならジュースゼリーでなく、エンシュアのような高カロリー・高栄養の液体にトロミ付けしたもの、にしてほしいと頼んだ。

 看護師さんは、エンシュアの件は医師の往診日に医師の了承を得なければならないので、すぐには無理だが、なんとか実現したいと言ってから、その場を離れた。


 数口しか食べられないようでは、父親を近いうちに看取ることになるかもしれない、と俺は思った。

 その一方で俺は、認知症の人の飲食について精神病院で言われたこと(平成21年-春-(14)平成27~28年-冬-(2) 参照)が正しいならば…

 ジュースゼリーをエンシュアに切り替えることによって、父親の食べる量が徐々に増えて、看取りが遠のくかもしれない、とも思った。

 とはいえ、父親を近いうちに看取る場合に備えて、できる準備はしなければならないのだろう…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成27~28年-冬