FC2ブログ
2018/08/31.Fri

平成28年-夏-(6) 採用試験

 平成28年(2016年)の6月下旬、俺の住む地域は、ムシムシしたり強い雨が降ったりという、梅雨らしい日が多かった。


 母親が、かかりつけの内科医院の医師に、大きな病院で心臓を診てもらうように言われたので(平成28年-夏-(4) 参照)、その病院に俺が自家用車で送迎して、母親は精密検査と診察を受けた。

 検査は2回に分けて行われ、また、その結果を後日に聞かなければならなくて、結局3回、その病院に行った。

 結果としては、少し問題はあったが特に治療などは必要なく、かかりつけの内科医院で経過観察ということで、「重い心臓病の可能性があるかも」と思っていた母親と俺は、ホッとした。


 俺は、ハローワークで応募した、駅前にある個別指導塾・家庭教師派遣の事業所の教室兼事務所で採用試験を受けた(平成28年-夏-(4) 参照)。

 高一程度の英・数、中学程度の国・理・社の学力を見る筆記試験は、英語で点数を稼いで、合格ラインを超える点数を取れた。

 その後で面接があり、ハローワークの求人票によると採用・不採用の連絡は数日後のはずだったが、この場で採用が決まった。

 俺はTOEICスコアがわかる書類を持って行ったが、筆記試験の結果が全てということだろうか、その書類の提示を求められることは無かった。

 この仕事で俺が一番気になっていたのは、自家用車で通勤できるものの、駐車場は自己確保しなければならないという点だ。

 家庭教師の方は、ここは地方なので、職場となる生徒さんの自宅には複数台を駐車できる駐車場がある可能性が高く、そこに自家用車で行って駐車できるだろう。

 しかし、駅前のビルの中にある個別指導塾の教室で、講師として働く方は…

 ここで毎日のように授業をする講師なら、近くの月極め駐車場の1台分を借りてしまった方が便利で、一日あたりでは多くない駐車手当でもなんとか賄えそうだが、両親のことがある俺には、そのような働き方はできない。

 教室で働く時だけ、コインパーキングに停めるしかないのだが、地方とはいえ県庁所在地である市の主要駅の前なので、教室の近くのコインパーキングは、この採用試験のために駐車したところもそうだが、料金が割高で、それでもすぐに埋まってしまう。

 割安な料金で確実に駐車できるコインパーキングとなると、教室から離れたところになってしまい、そこから教室まで歩くのは、腰痛と坐骨神経痛がある俺には、きつい。

 しかし、この事業所長でもある面接官の話では、最初は駅前の教室で指導してもらう可能性が高いが、徐々に家庭教師メインで働くようにもできる、ということで…

 また、俺が両親のことで大変であることにも配慮してくれるとのことだったので、俺はここで働くことに決めた。


 その後、6月下旬のうちに研修があり、最初の授業・指導もあった。

 研修の前に、俺は衣料量販店で新しい服を買わなければならなかった。

 スーツで働けるのなら、古いとはいえ持っている物でなんとかなったのだが、個別指導塾・家庭教師派遣の事業所の所長から、「講師がスーツ姿では授業が堅苦しくなるなどデメリットの方が大きいから、ラフではない私服で授業・指導するように」と言われて…

 俺はそのような私服をほとんど持っていなかったので、新しく買うしかなく、このような給料が出る前の出費は、痛い。


 俺が担当することになった一人目の生徒は進学校の高校生で、最初の授業は駅前の個別指導塾の教室で行なったが、TOEIC英語とは違う高校英語・受験英語に俺は戸惑うこともあった。

 また、この個別指導塾・家庭教師派遣の事業所の方針として、生徒さんの学校の教材を使って指導することになっていて、丁寧に指導するためには講師もできるだけそれらの教材を自前で購入する必要があり、それも、給料が出る前の痛い出費だった…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏