FC2ブログ
2018/09/24.Mon

平成28年-夏-(18) お盆休み前のヘアカット

 8月上旬も俺と母親は、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に、週3回くらいのペースで会いに行った。

 父親は自分の部屋のベッドで、やや横向きの仰向けになっていて、目を覚ましていて手を動かしたり、しゃっくりしたりする時もあれば、イビキをかいて眠ってしまうこともあった。


 俺は、オリンピックや甲子園の中継が流れてくるラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使って、(父親が好きだった曲を多く含む)歌謡曲・演歌の歌番組のDVDをかけた。

 このような歌の方が父親はおちつく感じだし、それに…

 オリンピックや甲子園の中継は、アナウンサーや解説者が急に大声を出す時があり、中継についていけて(中継を理解して)いないだろう父親にとっては、急に驚かされたようなものらしく、表情を曇らせていたので。


 父親は身につけているのは、七分袖の上着シャツ、その中は通気性のよいサーフシャツ、下は薄手のスエットパンツ(その中は紙オムツ+尿取りパッドか布オムツ+オムツカバーのどちらか)、薄手の靴下ということが多く、また、タオルケットが掛けられていた。


 部屋のエアコン(冷房)のスイッチは入っていたが、室内が割と蒸し暑くなっても冷風が出てこなかったり、強い冷風が出続けて少し寒いくらいになったりと、やや安定しない。

 俺と母親は、父親が着ている服の裾をまくったり戻したり、タオルケットが掛かる範囲を腹だけにしたり全身にしたりして、調節した。


 毎回、スタッフさんが俺と母親のために、冷たいお茶を部屋まで持ってきてくれた。


 俺と母親は、汚れの程度などにもよるが、父親の目ヤニを拭き取ったり、口の周りや咥えていた手を拭いたり、ベッド枕のクール枕パッドやリクライニング車椅子のヘッドレストカバー・クッションを交換したりした。

 他に俺は、父親のシェーバーのブラシでの手入れ、歯ブラシ・スポンジブラシ・コップ洗い、連絡用ホワイトボード記入などもした。


 俺は、約一週間後の理容師さんが施設に来る日に、父親のヘアカットをしてもらえるように、予約を入れてほしい旨をホワイトボードに書いたら…

 その日は8月中旬で、理容師さんがお盆休みに入ってしまうからだろう、そう書いた次の面会の日には、父親は既にヘアカットしてもらっていて、髪はスッキリしていた。

 この面会は、ヘアカット後の最初の面会なので、俺は例のごとく父親の耳掃除(平成28年-夏-(2) 参照)をしたら、髪クズは少しだけだったが、耳アカが多く取れた。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏