FC2ブログ
2018/10/05.Fri

平成28年-夏-(24) 父親は75歳に

 8月下旬の次に面会した日は、父親の75歳の誕生日だった。

 俺と母親が、面会前に(特養を含む介護)施設の受付で、いつものように面会用紙に記入していると、施設の代表の人が近づいてきて、父親の誕生日に対してのお祝いの言葉を言ってくれた。

 俺と母親が特養の父親の部屋に行くと、父親はベッドで、やや横向きの仰向けになっており、少し眠そうだった。

 棚の上の「看取りファイル」を読むと、俺と母親が面会に来なかった昨日と一昨日のところに、父親のしゃっくりがひどかったことが書かれていた。

 女性の介護スタッフさん2人が来室して、その二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移した。

 スタッフさんによると、もうすぐ施設のホールで地域ボランティアの人たちによる歌謡コンサートがあり、俺と母親に、そこへ父親を連れて行ってほしいとのことだ。

 俺が父親の車椅子を押して、その横に母親がついてホールへ移動し、会場の片隅で父親の車椅子のブレーキをしっかりかけてから、俺はホール備品の椅子2つを父親の両隣に運び、その椅子に俺と母親が座って、3人でコンサートを見よう・聞こうとしたが…

 父親は、目を閉じて眠っている時間の方が長かった。


 その次の面会では、俺と母親が父親の部屋に行くと、父親は上半身部分を少し高くされたベッドで、やや横向きの仰向けで、涙まじりの目ヤニが多く、また…

 10:00頃の(トロミ付)コーヒーを(介護スタッフさんの全介助で)飲ませてもらったばかりなのか、口の中に何か少し残っている感じだ。

 そのような状態で父親は、うなったり咳をしたり、自分で身体をさらに横向きにしたり、関節の拘縮のある腕・手をやや無理して動かして、首や肩の周辺をかいたりした。

 俺と母親が、父親の枕の位置を直したり、やさしく目ヤニを拭き取ったり、手を握ったり肩をさすったりしたら、父親はだいぶおちついた。

 少ない介護スタッフさんたちが、他の入居者さんたちの対応に追われているのだろう、時々あることだが、この日は特養の介護スタッフさんでなく生活相談員さんが、俺と母親に冷たいお茶を持ってきてくれた。

 俺は、父親のシェーバーをハンドソープを使って水洗いして、窓際で乾かしておき、帰る前に組立てて、シェーバーオイルをつけた。


 その次の面会では、ベッドで仰向けになっている父親の上着シャツの襟が、食べカスらしいものがついて汚れていて、また、手の爪のいくつかが尖っていた。

 俺と母親は協力して、お湯で絞ったタオルで父親の首、そして襟の汚れを拭き、それから、家から持ってきていた爪ヤスリを使って、父親の爪の尖っている部分を少し削った。

 「看取りファイル」の昨日のところに、痰の吸引があったこと、夕食中にムセたことが書いてあり、吸引について書かれたのは、本当に久しぶりのことだった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-夏