FC2ブログ
2018/11/21.Wed

平成28年-秋-(24) 忘年会についての返事

 11月中旬の次に面会した日、まず俺と母親は(特養を含む介護)施設の受付で特養の生活相談員さんに、施設のホールで来月に開催される特養の忘年会に家族が参加するかどうか聞かれていたことについて、バイキング形式の食事を…

 その中に「なめらか食」やミキサー食に近い品などがあっても、家族が(全介助で)父親に食べさせるのは誤嚥リスクが高いからできず、父親に食べさせられない状況で(隣で)家族が食べるという訳にはいかないので、家族は参加しない旨を伝えた。

 父親が特養スタッフさんに忘年会の会場へ連れて行ってもらうとしても、雰囲気を感じてもらうだけの短時間だろう。

 家族3人で出し物・余興どを見ていることは可能だが、料理を食べることがメインの忘年会の会場に、食べられない、食べない人が参加するというのは違和感があるし、寂しいと俺は思う…

 その後、俺と母親が父親の部屋に行くと、女性スタッフさんと男性スタッフさんがいて、二人がかりで父親をベッドからリクライニング車椅子に移し、ハーフケットを足にかけてから退室した。

 ほどなく施設のホールで、特養入居者参加型の歌イベントが始まるので、家族にホールへ連れて行ってほしいということだ。

 部屋はエアコンが止まっていても特に寒くはないが、ホールは少し寒いので、俺が父親の頭と肩を少し浮かして、その間に母親がマフラーを父親の後ろから肩にかけ、そして俺は静かに父親の頭をヘッドレストに、肩を背もたれにつけた。

 俺は手短に、父親のシェーバーのブラシでの手入れ、スポンジブラシ・歯ブラシ・コップ洗い、連絡用ホワイトボード記入などをした。

 俺が父親の車椅子を押して、母親がその横で見守りながらホールへ移動して、そのイベントに参加した。

 父親はおちついていたが、手や頭を動かすことがあった。

 精神科の医師が父親の近くに来て、ちょっと見るだけの「往診」があった。


 その次の面会では、父親は部屋の、上半身部分を少し高くされたベッドで、横への傾きがほとんどない仰向けになっていた。

 いつものように俺は、ついていたラジオを消して、部屋での面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーで演歌・歌謡曲番組を録画したDVDをかけた。

 父親の手の爪の一部が尖っていたので、関節の拘縮で曲がったままの父親の指を可能な範囲で母親が伸ばして、その間に、老眼鏡をかけた俺が手早く、爪ヤスリで尖っていた部分だけ削った。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28年-秋