FC2ブログ
2018/11/30.Fri

平成28~29年-冬-(3) 年賀状の裏面

 11月下旬の次の面会では、俺と母親が父親の部屋に入った時、父親はベッドで、ほぼ真横向きになっていて、口の端からヨダレが垂れてきていたので、俺は急いでティッシュで拭き取った。

 俺は、ついていたラジオを消して、面会中は、家から持ってきたポータブルDVDプレーヤーを使い、演歌・歌謡曲番組を録画したDVDをかけた。

 母親が、家から持ってきたコロコロ(粘着クリーナー)を使って、できる範囲で父親の部屋を掃除して、また、今回も父親の衣類の入れ替えをした。

 俺は、家で作って拡大印刷してきた、今度の正月に父親を差出人として出す年賀状の裏面を、父親に見せながら、「今度の年賀状は、これで出すよ」と言った。

 もう何年もそうだが、このように見せても、特に父親に反応がある訳ではない。

 それでも俺は、父親らしい文面・デザインを考え、挨拶文は数年ごとに、イラストは毎年変えた上で、父親に見せて確認するべきだと思っている。

 俺は、父親の部屋の洗面台の、ハンドソープの中身が少なくなってきていたので、家から持ってきた(中身が入っているものと)交換した。


 その次の面会では、父親の部屋に、冬の間に使うであろう加湿器が置かれていた。

 父親はベッドで、褥瘡(じょくそう・床ずれ)予防のための(数個のクッションを使った)体位変換による、やや横向きの仰向けになっており、涙まじりの目ヤニが多く、口まわりが少し汚れており、また、少し口を開けたまま、痰が絡むような咳を時々した。

 部屋の棚の上の「看取りファイル」には、昨日から今朝にかけて2回ほど痰吸引されたことが書いてあった。

 常勤の介護スタッフさんと研修中の名札を付けたスタッフさんの2人が、俺と母親にお茶と丸椅子を持ってきてくれた。

 俺は、お湯で絞ったタオルで、父親の目ヤニを拭き取り、口にまわりも拭いてから、シェーバーのブラシでの手入れ、スポンジブラシ・歯ブラシ・コップ洗い、連絡用ホワイトボード記入などをした。

 やがて、父親は口を閉じで咳もおちつき、俺と母親は、父親に声をかけてから帰った。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28~29年-冬