FC2ブログ
2018/12/02.Sun

平成28~29年-冬-(4) 年末の同窓会のようなもの

 平成28年(2016年)の12月上旬になると、俺の住む地域は、積もるくらい雪が降るようになったので…

 自家用車を運転できない母親が一人で自転車や徒歩で出かけることは、ほとんどなくなった。


 俺の自律神経の不調は、不眠は少しずつ改善されてきているようだが、食欲不振は相変わらずで、家で体重計に乗ってみたら、既にやせていて、かつ空腹で受けた9月の健康診断の時の体重(平成28年-秋-(11) 参照)より、さらに2kg減っていた。

 毎年、この時期になると、年末にあるミニ同窓会のようなものに参加するよう俺に連絡が来るのだが、父親のことがあるし、毎回参加しているらしいメンバーの中に、公共のメディアや場でウソをついた側と思われる人間がいるので、俺は不参加を続けている。

 面倒なのは、不参加の返事をする際、現況説明や不参加理由を(暗に)求められることだ。

 若年性認知症への正しい理解が圧倒的に足りない地域なので、父親のことを不参加の理由にしづらい。

 また、公共のメディアや場でウソをついて、正直に努力している人々を苦しませている側の方が、この地域では大多数・権力側・正義なので、参加者の中にそちら側の人間がいるらしいことも、俺の不参加の理由にできない…

 だから毎年、この返事に苦労しており、さらに今年の俺は自律神経の不調により、この返事を考えるだけで身体が熱くなり、顔も真っ赤になってしまった。


 そんな中でも俺は、なんとか週2日の個別指導塾講師・家庭教師の仕事を続けている…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成28~29年-冬