FC2ブログ
2019/04/05.Fri

平成29年-春-(29) これから

 四十九日法要と納骨の翌日に、俺は思った。

 納骨も終わり、ようやく一区切りしたが、これから俺は、どうすればいいのだろうか?

 正直もう疲れたし、我が身を振り返れば、40代後半で無職、自分の配偶者も子供も恋人も友人もいない…

 腰痛・坐骨神経痛・自律神経の不調などは、ある程度の改善の余地はあるとしても、生きている限り、ずっと悩まされ続けるだろう。

 俺の住む県では、公共のメディアや場でウソをついた側が大多数の権力側で正義である状況も変わりなく、事情を知っていてそちらに味方しない俺に明るい未来は無いし、他のところで新しい生活を始める気力も無い…

 結局、これからの人生は辛くて苦しいだけで、うれしいことや楽しいことは何もないから、自殺しようと思った。

 しかし、まだ相続が残っていて、生きる気力のない俺は父親の資産を何も受け継ぐ気はないが、母親や弟に面倒をかけないためには、俺が父親の相続にかかわる手続を終わらせるしかない。

 それに、一人では少し遠い外出も難しい母親のために、また、すぐ死ぬことは弟一家への大きな迷惑になることも考え、もうしばらく生きることにした。


 特養に入居した後の一時帰宅を実現できなかったことが一番悔しいが、様々な、父親への対応の間違いと不足…

 公共のメディアや場でウソをつき、認知症で困って・苦しんでいても正直に努力している認知症の人とその家族を追い込んだり見捨てたりするような認知症の家族会に、そのウソを確信する前までとはいえ、協力していたこと…

 その家族会からの脅迫(少なくとも妨害や嫌がらせ)があったとはいえ、地域の若年性認知症の人とその家族を支援する活動を早々にやめてしまったこと…

 これらの罪を背負っていることも充分に承知しているが、なるべく周りに迷惑をかけない消え方・死に方を考えながら、もう少しだけ、生きてみようと思う。

 もう少しだけ…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成29年-春