FC2ブログ
2019/06/21.Fri

最近「家族」について思うこと

 今日、久しぶりに(?)話題になった小室圭氏について、私(このブログの作者oretomo)が個人的に気になっていたことがあります。

 小室圭氏母親の「金銭トラブル」と言われていますが、その言葉を使うのは適切でしょうか?

 小室圭氏の母親の場合…

 元婚約者(とされる男性)から内縁の夫婦としてお金を受け取っていたら、返済する必要も贈与税を納める必要もありませんが、遺族年金を不正受給していたことになり、国民年金法や厚生年金保険法に違反することになります。

 贈与としてお金を受け取っていたら、返済する必要はありませんし遺族年金のことも問題になりませんが、贈与税を納めていない(らしい)ので、相続税法に違反することになります。

 また、この場合は、内縁の夫婦という面は一切なかったという証明が必要になったり、なぜ「贈与」してもらえたのかについて、多くの人が納得できる説明が必要になったりするでしょう。

 借金だとしたら、贈与税を納める必要はありませんし遺族年金のことも問題になりませんが、正当な返済の求めに応じないのであれば、民法に違反することになります。

 さらに、小室圭氏の母親が元婚約者に対して、もともと本当に結婚する意思がなかったとしたらの話ですが…

 元婚約者の方から婚約解消されたとしても(民法における)慰謝料のことなど言えませんし、結婚する意思がないのに、あるかのような言動をしてお金を受け取っていたとしたら、詐欺の可能性も出てきて、これは刑法に触れることになります。

 つまり、「金銭トラブル」と言うよりは、「何らかの法律違反」と言うべきでしょう。

 この、親の法律違反にしっかり向き合わない法律家志望(らしい)小室圭氏を、それでも眞子様(眞子内親王殿下)が好きで結婚したいのであれば、もう一つ、気になることが出てきます。

 そのような眞子様の目に、小室圭氏とは全く逆の、親の抱えている大きな問題にしっかり向き合っている(子の立場の)人々は、どのように映るのでしょうか?


 ガラッと話題が変わりまして…

 高齢ドライバーの交通事故が度々ニュースなどで伝えられ、免許返納の話も出てきますが、特に地方において、免許を返納した高齢者の家族の負担も注目されてほしいです。

 父親が運転できなくなった(母親は元々しない・できない)ことによって人生が悪い方向に大きく変わってしまった、このブログ本編の‘俺’のように…

 高齢者が免許を返納して運転しなくなった・できなくなったことにより、困っている・苦しんでいる家族は少なくないと思われます。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
補足と意見-2