FC2ブログ
2019/07/01.Mon

令和元年7月上旬の報告

 令和元年(2019年)の7月に入りました。

 現在、“カテゴリ 平成22年-夏”の記事を(1)から順に、時折、少しずつ「修正」しており、6月末までに、このカテゴリにある記事の約半分を修正し終えました。

 「目次」としては、以下になります。

平成22年-夏  猛暑と納得できない「現実」
 父親は、急な体温上昇が目立ってきました。



 ところで、もうすぐ参議院議員選挙ですが、「上級国民」のこと(令和元年5月上旬の報告 参照)は今回の選挙の争点になるでしょうか?

 各政党・各候補者・選挙を報道する各メディアなどが、多くの国民が納得できるように…

 司法手続において特別扱いされたり、公共放送あるいは全国紙(の新聞)でウソをついても許されたりしている「上級国民」の存在を否定するか、逆に、存在を認めて批判するか…

 どちらかをしなければ(できなければ)、憲法14条の「国民の平等」や「勲章は特権を伴わない」といったところを変える必要があるでしょう。

 個人的には、9条どころではないと思います。


 また、今回の選挙では…

 問題発言を繰り返す大臣や、議員以前に人として問題のあることをして国益を大きく損ねた国会議員が、議員にならないようにするにはどうすればよいか、ということも争点になるべきだと、私(このブログの作者oretomo)は思います。

 と言ってはみたものの、両方とも争点にはならないでしょうね…


 もちろん私が一番に今回の選挙に望むことは、ウソが公表されて公明正大に認知症対策が争点になることです。

 認知症についての正しい理解や適切な支援は未だに全く足りず、家族の認知症を苦にした殺人事件を無くすにはどうするか、(高齢者に免許を返納してもらうなら)認知症の高齢者に免許を返納してもらうにはどうするかなど、争点はいくらでもあります。

 しかし、それは最初から期待できません…



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
連絡