fc2ブログ
2021/10/17.Sun

新型コロナウイルスワクチン接種 その1

 2021年(令和3年)7月中旬に「東京オリンピック、ワクチン接種券」の記事をUPしてから少し後…

 ようやく私(このブログの作者oretomo)の住む市で、(私と同じ世代の人たちが)新型コロナウイルスワクチン接種を予約できるようになりました。


 正直、このワクチン接種を受けるのには抵抗がありました。

 ワクチンの歴史を振り返ると、「有効で安全」、「すばらしい」、「夢のワクチン」などと最初は言われていた複数のワクチンが、数年後には…

 問題が見つかったり使われなくなったり、接種を推奨されなくなったりしたという事実・史実があります。

 今回のものは、開発が始まってからせいぜい1年程度のワクチンですから、少なくとも、もう半年~1年は待ちたかったのですが…

 私の仕事の性格上、早めに受けなければならなかったのです。


 とはいえ、私は(基礎疾患というほどではないものの)持病やアレルギーがあるので、そのような私の事情を知らない医師に接種されるであろう集団接種は少し怖い気がしました。

 それで、かかりつけの内科医院で個別接種を受けることにして、そこの予約をしようとしたのですが…

 私(と同じ世代の人たちが)予約ができるようになった最初の日に、まず市のコールセンターに電話したら全くつながらなかったので、市のインターネット予約サイトで手続することにしました。

 この内科医院だけでなく、私の住む市内にある個別接種をするクリニック・医院の多くが、普段そこに通院している人の予約しか受け付けないという説明文書が市から届いていましたし…

 予約できる年齢が限定されてもいたので、そんなにすぐ予約が埋まることはないだろうと思いながら、インターネットの予約サイトで指示通りに入力し始めました。

 ところが、かかりつけ医院の診察券番号を入力することなどを求められることがないまま、予約の空き状況と予約したい日時を選べるカレンダーのサイトに進むと…

 やはり、ほとんど予約は埋まっていて、私は仕方なく、わずかに残っていた、一ヶ月以上先の、しかも仕事上は避けたかった日時に予約するしかありませんでした。

 多くの普段そこに通院していない人が先に予約してしまった、としか思えません。


 数日後、仕事上もう少し助かる日時に(他の人のキャンセルで空きができてそこに)予約変更できないかと思い、再び予約サイトに行くと…

 私がしていた自分の予約をキャンセルしないと、空き状況を確認することすらできないホームページでした。

 自分の予約をキャンセルして空き状況が分かるカレンダーサイトに進み、もしずっと先まで予約が全部埋まっているとわかったら、自分がキャンセルしたところがすぐ他の人に予約されたら…

 と思い、私は変更をあきらめました。

 また、予約する際、個人情報を登録したのですが…

 数日後、登録したメルアドなどが正しいかチェックしようと予約サイトを再訪したら、自分の登録情報を全く確認できないシステムでした。

 作る時間が少なかったのかもしれませんが、ずるいことができて使い勝手も悪い、このインターネット予約システムに、どれだけの人が困っていたのか、どれだけの税金が使われたのか…


 次回は、1回目の接種とその前後について記事にしたいと思っています。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
補足と意見-2