FC2ブログ
2009/07/27.Mon

平成17~18年-冬-(1)

 父親は、爪は一応自分で切っていたが、深爪や切り残しが目立ってきたので、父親が爪を切る際、俺はそばにいるようにして、深爪しないようにそれとなく助言し、一通り切り終えたら、できるだけさりげなく引き継いで切り残しが目立つ部分を切った。


 父親は、手洗い、うがいをちゃんとできなくなった。
 手を洗うのは水で流すだけ、うがいは口をゆすぐだけ…

 そのせいもあってか、風邪をひきやすくなり、風邪をひくと家族はさらに気を使わなければならなかった。


 家の風呂では、父親は、シャワーでお湯を身体に浴びせて浴槽につかるだけは一人でできていたが、それだけでも混乱することが多くなり、俺が浴室のドアのところで待機し、様子がおかしければすぐ浴室に入って対応するようになった。


 母親の内職の手伝いでも、父親は間違いや作業が止まってしまうことが多くなってきた。
 母親か俺がそばについていれば、なんとかなったが。


 父親が何をするにしても、俺か母親がついていなければならなくなった。



ランキングや拍手をクリックして応援していただけると、うれしいです。

  にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
平成17年-夏~18年-春